忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
08 2017/09 1 23 4 6 8 910 11 12 13 15 1617 18 19 22 2324 25 26 27 28 29 30 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(09/21)
(09/20)
(09/14)
(09/07)
(09/05)
(08/23)
(08/08)
(06/11)
(05/28)
(05/23)
(05/21)
(05/17)
(05/16)
(05/07)
(05/06)
(05/05)
(05/04)
(05/03)
[08/11 NONAME]
[08/05 NONAME]
[07/31 Fighters]
[07/22 Fighters]
[07/16 NONAME]
[07/02 NONAME]
[06/24 NONAME]
[06/20 NONAME]
[06/17 NONAME]
[06/14 Fighters]
[06/12 NONAME]
[06/10 A]
[05/16 匿名希望]
[05/12 匿名]
[05/10 あさりの母]
[05/09 Fighters]
[04/21 高校生はは]
[04/20 高校生はは]
[04/11 Fighters]
[04/09 Fighters]
[04/08 Fighters]
[04/01 NONAME]
[03/29 パパ]
[03/28 匿名希望]
[03/22 NONAME]

12.31.11:36

高校受験模試の成績優秀者の進学先

2007年度第3回全県統一模試(2007.9.2 主催:昴)の成績優秀者のうち鹿児島県内中学校出身の生徒の高校・大学の進学先について調べてみました。

模試全体の成績優秀者145人のうち、出身中学校が判明しているのは139人で、不明なのは6人となっています。
この出身校が判明している139人中、鹿児島県内中学校出身者は81人で58.3%を占めています。

成績優秀者の学力は、鶴丸高校の一定枠(学区外:10%枠)の合格率85%以上であることから、学区内・学区外とも鶴丸高校の進学が中心ですが、ラ・サールへの進学も4人います。

ラ・サールへの進学者は、模試の成績優秀者の最上位層ではなく、中位層が中心となっていることがわかります。
また、ラ・サール高校は特待制度がなく、入学金、授業料などそれなりの負担が必要となることから、家庭的に資金に余裕があり、生徒、ご両親の医学部志向が強いのではないかと思います。現に4人中3人が医学部に進学しています。

  樟南には4人が進学していますが、そのうち模試成績全体順位17位の鹿大付属中出身の生徒は、この学力であれば余裕を持って鶴丸に合格するレベルですから、鶴丸高校は受験せず、専願推薦入試で文理コースに入学していると思われます。残り3人のうち鹿児島市外の中学校出身の生徒も推薦入試の可能性もあります。
  樟南では、平成20年度入試から他の学科で実施していた推薦入試を普通科文理コース・英数コースに導入しています。

加治木高校には3人が進学していますが、これは加治木高校の大学進学実績を評価し、十分加治木高校で大学受験に対応できると判断したこと、鶴丸・甲南の一般枠入試は競争倍率はよっては必ずしも合格が確実視されないことや通学の費用・時間を考慮してを受験しなかったものと思われます。鹿児島市外の学区で大学実績が高い加治木高校がある姶良学区では地元志向の傾向が高く、その他の学区では鹿児島市内の公立・私立高校への進学志向が高いことがわかります。 
     
    なお、長男の模試の成績は、388点(全体順位 523位  受験者数 4096人 鹿児島市内順位 342位 受験者数 2733人)でした。

   2007年度第3回全県統一模試(2007.9.2 主催:昴)の成績優秀者と進学先
(鹿児島県内中学校出身)  
番号 順位 得点 性別 中学校 高校 年度 大学
1 7 461 国分南 鶴丸 2012
大阪大中退→東京大
2 8 460 鹿大付属
3 12 458 鹿大付属 鶴丸 2011 東京大
4 12 458 鹿大付属 鶴丸 2012 東京大文Ⅲ
5 15 456 清水 鶴丸 2011 九州大農学部
6 16 455 坂元 鶴丸 2011 九州大
7 17 454 鹿大付属 樟南 2011 九州大工学部→東京大大学院
8 18 453 鶴丸 2011 熊本大薬学部
9 18 453
10 20 452 明和 鶴丸
11
20 452 加治木 加治木 2012 鹿児島大医学部
12
26 450 甲南 鶴丸 2012 大阪大学医学部
13
29 449 松元 鶴丸 2011 東京大学
14
29 449 鹿大付属 鶴丸
15
32 447 東谷山 鶴丸 2011 東京農工大
16
32 447 鹿大付属 志学館 2012 九州大工学部
17 35
446
第一鹿屋 ラ・サール 2013 慶応大医学部
18 35 446 鹿大付属 2013 宮崎大医学部
19 35 446 伊敷
20 38 445 紫原 鶴丸 2011 鹿児島大医学部
21
41
444 甲南 鶴丸 2011 筑波大
22
41
444 皇徳寺
23
44
443 加世田
24
45
442 鹿大付属 鶴丸 2011 大阪大
25
45
442 鹿大付属 樟南 2011 鹿児島大法文学部
26
45
442 谷山北
27
50
441 城西 鶴丸 九州大
28
50
441 帖佐 加治木 2011 志学館大
29
50
441 鹿屋東
30
56
440
桜丘
鶴丸 2011 鹿児島大医学部
31
56
440
甲南
豊島岡女子学園
(東京)
2012 東京大理Ⅱ
32
56
440
紫原
33
56
440
鹿大付属
34
63
439
宮之城
鶴丸 2011 東京大理Ⅰ
35
63
439
伊集院北
樟南 2011 長崎大薬学部
36
63
439
大和
大島 2012 鹿児島大医学部
37
63
439
第一鹿屋
38
75
437
鹿大付属
鶴丸 2011 鹿児島大医学部
39
75
436
帖佐
鶴丸 2011 九州大法学部
40
78
435
鶴丸 2011 九州大
41
82
434
河頭
鶴丸 2012 京都大工学部
42
82 434 伊敷台 鶴丸 2011 福岡大医学部
43
82 434 修学館 ラ・サール 2011 神戸大医学部
44
82 434 松元 鶴丸 2011 九州大
45
89 433 皇徳寺 鶴丸 2011 中央大
46
89 434 坂元
47
94 432 皇徳寺 鶴丸
48
94 432 鹿大付属
49
94 432 鹿大付属
50
94 432 吉野東
51
98 431 谷山 鶴丸 2012 東京大理Ⅰ
52
98 431 山川 鶴丸(中退) 2012 鹿児島大法文学部
53
98 431 土橋 鶴丸 2013 鹿児島大医学部
54
98 431 皇徳寺 鶴丸 2012 九州大
55
98 431 北指宿 甲南 2011 奈良女子大
56
98 431 重富 樟南 2013 鹿児島大医学部
57
98 431 伊敷台 市ヶ尾(神奈川) 2011 明治大
58
106 430 坂元 鶴丸 2011 東京理科大
59
106 430 郡山 鶴丸 2011 鹿児島大
60
106 430 伊敷台 ラ・サール 2012 早稲田大商学部
61
106 430 吉田南 ラ・サール 2012 鹿児島大医学部
62
112 429 鹿大付属 鶴丸 2011 星薬科大
63
112 429 鹿大付属 鶴丸 2011 九州大芸術工学部
64
112 429 福平 甲南 2012 上智大
65
112 429 鹿大付属
66
120 428 山川 鶴丸 2012 鹿児島大
67
120 428 鹿大付属
68
128 427 鹿大付属 鶴丸 2013
防衛医科大学校
69
128 427 出水 出水中央 2011 鹿児島大農学部
70
128 427 末吉 2011 九州大理学部
71
128 427 城西
72
132 426 緑丘 鶴丸 2012 熊本大
73
132 426 舞鶴 加治木 2011 熊本大
74
132 426 甲東
75
138 425 伊敷台 鶴丸 2011 早稲田大
76
138 425 鹿大付属 鶴丸 2011 鹿児島大
77
138 425 城西 鶴丸 2012 京都大工学部
78
138 425 皇徳寺 鶴丸 2011 福岡教育大
79
138 425 鹿屋 鶴丸 2012 鹿児島大
80
138 425 甲南 2011
81
138 425 伊敷台
PR

12.31.15:24

鹿児島第一高校の国公立大学合格実績

ご依頼がありましたので、鹿児島第一高校の国公立大学の合格実績について掲載します。
遅くなって誠に申し訳ありません。

ななしさんからのコメントによると
「今年から鹿児島第一高校に特進クラスが出来ました。7月の進研記述は偏差値85越の生徒、代ゼミトップレベル模試は成績優秀者に四人の名前がのっていました。他の進学校との比較もみたいので、第一高校も是非とも取り上げてください。宜しくお願いします。」
とのことです。
 
鹿児島第一高校の国公立大学合格実績
学力到達度
ゾーン
大学名
H18
H19
H20
H21
H22
H23
H24
H25
H26
S1大学 東京大 2
京都大 1
国公立大
医学部
4 1 2 2 1 1 1
S1大計 7 1 2 2 1 1 1
S2大 東京工業大 1
大阪大 1 2 1 1
S2大計 2 2 1 1
S3大 九州大 2 2 8 2 4 2 1 2
S3大以上計 4 11 9 5 2 6 3 1 3
A1大 お茶の水女子大 1 1
東京外国語大 3 1 1 1
東京農工大 1 1
東京学芸大 1 1
横浜国立大 1 2 1 1 1 1
奈良女子大 1 1
広島大 1 1 3 2 3 1 1
熊本大 1 4 1 5 5 3 1 5 2
A1大計 9 11 1 8 8 8 5 7 3
A2大 埼玉大 1 1
茨城大 1 1
電気通信大 1 1
東京海洋大 1
京都工芸繊維大 1
大阪教育大 1 1
長崎大 1 1 2 2 1 2 1
鹿児島大 19 16 26 15 12 22 9 4 14
A2大計 22 20 29 18 12 23 12 5 16
A3大 帯広畜産大 1 1
富山大 1 1
鳥取大 1
島根大 1 1
徳島大 1
高知大 1 1 1 1
山口大 2 1 1 2 1 1 1
九州工業大 1 2
福岡教育大 1 1 2
大分大 1 1
宮崎大 2 3 3 4 5 1 3 3
A3大計 4 7 7 9 5 7 6 3 6
B1大 佐賀大 2 7 2 2 1 1
琉球大 1 1 1 2
B1大計 2 8 2 3 1 1 3
国立大 41 53 45 40 28 43 26 17 30
A1大 京都府立大 1 2
大阪市立大 1
首都大学東京 1
神戸市立外大 1
A1大計 1 1 4
A2大 国際教養大 1
横浜市立大 1 1
福岡県立大 1 2 2
福岡女子大 1 1 1
大分看護大 1
宮崎看護大 1
A2大計 3 1 1 2 1 2 3
A3大 高崎経済大 1
都留文科大 2 1 1
県立広島大 1 2
下関市立大 1 2 1 1
北九州市立大 1 1 1 5 1 2 2
熊本県立大 2 2 2 2 1
A3大計 5 3 4 10 3 6 3 1
B1大 宮崎公立大 1 2 1 1 3 1
長崎県立大 1 2 2 1 1 2
山口県立大 1
その他 1 1
B1大計 2 2 3 1 5 4 1 3
公立大 7 9 1 8 12 14 11 6 7
国公立大     合             計    48   62   46  48  40  57  37  23  37
卒業生数 150 117 118 111 122  97 
合格者
占有率
32.0 34.2 48.3 33.3 18.9 38.1



12.28.17:53

甲南高校の学力到達度ゾーン別国公立大学合格実績

甲南高校の学力到達度ゾーン別の国公立大学合格実績をグラフ化すると下のグラフのようになります。
 
S3大学以上の合格者数は、平成19年度~平成23年度はほぼ同程度で50人未満でしたが、平成24年度は662人まで増加しています。
また、平成25年度は例年並みに減少しましたが、平成26年度は50人を突破し、57人になりました。

少しづつですが、S3大学以上の合格実績が伸びつつあるようです。
 

 
鶴丸高校と甲南高校のS3大学以上の難関国公立大学の合格実績は下の表のとおりで、比率でいくと、30%~40%台でしたが、平成24年度は68.9%と高い比率となり、平成26年度も50%を突破しています。
つまり、S1大学の開きはありますが、S2、S3大学の合格実績は、鶴丸高校に近い合格実績を出しているなど、実力差が縮小してきています。

 
鶴丸高校・甲南高校のS3大学以上の合格者数と比率
区分 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
鶴丸 108 118 113 131 129 90 112 110
甲南 37 48 45 41 46 62 43 57
比率 34.3% 40.7% 39.8% 31.3% 35.7% 68.9% 38.4% 51.8%

高校2年生(平成24年1月)の進研模試を受験した学年は、平成25年度入試を
現役で受験、平成26年度入試を一浪で受験した学年です。
偏差値別に、鶴丸高校と甲南高校を比較すると、以下のようになります。
偏差値66は、浪人でS3大学に合格するレベルですので、甲南高校の偏差値66以上の人数が鶴丸高校に対して比率が51.4%となっており、実際のS3大学以上の合格者数の割合51.8%と同等であり、現役合格の比率が高いことを考慮すると、高2から高3にかけての受験指導は、鶴丸高校を上回っているのではないかと考えられます。


高校2年生(平成24年1月)進研模試偏差値別累計
数偏差値 80以上 78 76 74 72 70 68 66
鶴丸(注1) 1   10    19    33    57    80  115 142
甲南 1 5 7 11 20 41 73
比率 0.0% 10.0% 26.3% 21.2% 19.3% 25.0% 35.7% 51.4%
注1  鶴丸高校の受験者数が少ないため、10%上乗せしている。
 
学力到達度ゾーン別大学合格者の現役占有率は下の表のとおりです。
S1大学は、現役占有率が増減しています。
S2・S3大学は、現役占有率が高くなっており、鶴丸高校を上回っています。

  甲南高校学力到達度ゾーン別大学合格者の現役占有率
区分 S1 S2 S3
H21 36.4% 50.0% 80.0%
H22 28.6% 100.0% 83.9%
H23 44.4% 100.0% 62.5%
H24 12.5% 42.9% 76.6%
H25 50.0% 75.0% 40.0%
H26 25.0% 66.7% 67.4%

 
甲南高校年度別学力到達別国公立大学合格者数   (  )は現役合格者数
学力到達度
ゾーン

大学名

H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
国立大学

東京大

1(0) 4(2) 1(1) 1(1) 1(0) 2(1)
S1
京都大 3(0) 3(1) 5(3) 3(2) 4(2) 3(1) 2(1) 4(2)
国公立大
医学部
2 2 5 4 4(1) 4(0) 1(0) 4(0)
S1計 6 9 11 7 9(4) 8(1) 4(2) 8(2)
S2
一橋大 3 1(0) 2(2) 1(0)
東京工業大 1(1) 1(0) 2(1)
大阪大 4 1 3(2) 6(6) 5(3) 6(5) 6(4)
S2計 4 4 4(2) 2(2) 7(7) 7(3) 8(6) 6(4)
S3 九州大 27 32(26) 22(19) 26(24) 29(19)
医1(0)
43(35) 22(9) 36(23)
東北大 1(0) 1(0) 2(1) 1(1) 1(0)
名古屋大 1 1(0) 1(1) 2(0) 2(1) 3(3)
神戸大 1 6(5) 3(1) 1(0) 1(0) 5(3) 4(3)
S3計 27 34 30(24) 31(26) 32(20) 47(36) 30(12) 43(29)
S3以上 37 47 45 40 48(31) 62(40) 42(20) 53(35)
A1 北海道大 1(0) 1(0) 2(1) 2(2) 1(0)

東京外国語大

3(2) 1(1) 1(0) 1(1) 2(1) 1(1)

筑波大

3(2) 5(4) 4(4) 3(1) 3(3)
千葉大 1(0) 2(0) 1(1) 1(1)

お茶の水女子大

4(4) 2(2) 1(1) 2(1)
東京芸術大 1(1) 1(1) 1(1)
東京農工大 1(1)
東京学芸大 3 4(4) 4(4) 4(4) 1(1) 1(1) 3(2)
横浜国立大 7(5) 4(3) 2(2) 1(1) 2(1) 4(3)
大阪外国語大
奈良女子大 1 1(0) 2(2) 2(2)

広島大

16(13) 12(10) 9(8) 12(11) 12(8) 11(10)

熊本大

19 23 25(23) 18(15) 20(16) 16(13) 17(17) 20(17)
A1計 20 38 67(56) 49(42) 48(40) 33(29) 41(30) 47(40)
A2 宇都宮大
埼玉大 1(1)
茨城大 1(1) 1(1)
電気通信大 1(1)
東京海洋大
静岡大 3(3) 1(1)
名古屋工業大
三重大
京都教育大
大阪教育大 1(1)
岡山大 1 2(1) 1(0) 1(0) 1(1)
長崎大 6 2 7(5) 3(2) 10(9) 8(6) 1(1) 5(4)

鹿児島大

120 101 91
(79)
112
(86)
119
(100)
医3
108
(87)
医4
104
(85)
87
(68)
A2計 126 109 104
(89)
121
(91)
132
(110)
122
(93)
108
(86)
93
(73)
A3 帯広畜産大 1(1)
山形大 1(1)
信州大 1
和歌山大 2 1
奈良教育大 1
島根大 2
愛媛大 1
徳島大 1
山口大 4(4) 3(2) 2(2) 4(4)
九州工業大 5 7(6) 9(9) 4(4) 9(9) 16(16) 3(3)
福岡教育大 6 3(2) 7(5) 3(3) 5(4) 5(3) 1(1)
大分大 1(1) 4(4) 1(0) 2(0) 1(1) 1(1)
宮崎大 5 5 6(6) 8(8) 5(4) 4(3) 4(4) 8(7)
A3計 5 18 28(19) 35(28) 18(11) 21(16) 30(26) 23(16)
B1 弘前大 1
群馬大
佐賀大 2(2) 1(0) 1(1) 1(1) 1(1)
琉球大 2 1 1(0) 1(0)
B1計 3 3(2) 1(0) 1(1) 1(1) 1(0) 2(1)
合計 236
(189)
236
(192)
228
(179)
216
(163)
218
(167)
その他 10(10) 6(5) 7(4) 8(4) 4(1) 6(2)
公立
大学
S3 岐阜薬科大 1
九州歯科大 1
S3計 1 1
A1 京都府立大
大阪府立大 2 3(3) 3(1) 1(1) 5(4) 2(1)
大阪市立大 1(1)
首都大学東京 3 2(1) 9(6) 2(1) 4(4) 3(2) 2(1)
名古屋市立大 1
神戸市立外国語大 1 2(2) 2(2) 1(0)
A1計 7 7(6) 12(7) 4(2) 9(8) 6(5) 5(2)
A2 群馬健科大 1
埼玉県立大 1 1
横浜市立大 1(1) 1(1)
福岡県立大 1 2(2) 2(2) 1(1)
福岡女子大 1(1) 4(4) 1(1) 3(3)
宮崎看護大 2(2) 1(1)
A2計 2 5(3) 7(6) 3(3) 5(5) 5(2)
A3 高崎経済大 1 1
前橋工科大 1
都留文科大 3(3) 1(1) 2(2)
岡山県立大 1 1 1
県立広島大 1 1(1) 1(1)
下関市立大 1 1 2(2) 2(2)
北九州市立大 2 5(4) 4(3) 6(5) 5(5)
熊本県立大 2 3 2 7(7) 2(2)
A3計 4 11(7) 12(4) 10(5) 17(17) 2(2) 14(3)
B1 長崎県立大 3 1(1) 2(2) 2(1)
宮崎公立大 1 1 1 3(3) 3(3)
山口県立大 1
B1計 3 2 2 3 6(2) 10(3) 11(4)
その他 4(1) 7(6) 6(5)
国公立大 267
(224)
276
(220)
261
(209)
271
(214)
245
(186)
253
(195)
卒業生数 305 315 316 308
現役占有率 71.1% 69.6% 60.4%
合格者占有率 84.8% 87.3% 79.5%

12.26.22:12

鶴丸高校の学力到達ゾーン別合格者数

鶴丸高校の学力到達度ゾーン別の国公立大学合格実績をグラフ化すると下のグラフのようになります。
 
S3大学以上の合格者数は、平成19年度~平成21年度はほぼ同程度でしたが、平成22年度・平成23年度は増加しています。
また、平成24年度は大幅に減少しており、特にS1、S2の合格者数の減少しています。
平成25年度、平成26年度は、平成19年度~平成21年度並みに回復しています。

なお、他県の熊本高校、福岡の修猷館高校やラ・サール高校、灘高校などは、現役の占有率は50%を超えており、今後、現役合格者をいかに増やすかが課題となっています。
   
  

 
学力到達度ゾーン別大学合格者の現役占有率は下の表のとおりです。
S1大学は、現役占有率が上昇傾向にありますが、まだ、低い状況にあります。

S2大学、S3大学になるにつれて、現役占有率が上昇する傾向にあります。

鶴丸高校学力到達度ゾーン別大学合格者の現役占有率
区分 S1 S2 S3
H22 29.4% 37.5% 51.9%
H23 30.6% 36.4% 60.9%
H24 31.4% 28.6% 50.0%
H25 35.8% 52.0% 47.1%
H26 37.5% 47.1% 43.5%


 鶴丸高校の国公立大学の合格者数から偏差値別分布状況を推計してみます。

偏差値は、進研模試の偏差値を採用しています。
東大現役合格レベルを偏差値78以上、京大現役合格・東大浪人合格・九大医学部浪人合格レベルを偏差値74~78などと設定すると以下のようになります。


 鶴丸高校の偏差値別分布状況
 偏差値 78以上 74~78 72~74 70~72 68~70 66~68
現役合格 東大現役 京大現役 医学部現役 S2大現役 S3大現役 A1大現役
浪人合格 東大浪人
九大医学部
京大浪人 医学部浪人 S2大浪人 S3大浪人
平成26年卒
現役 4 2 12 7 20 23
浪人
平成25年卒 3 11 19 29 24 54
現役 3 2 14 13 16 26
浪人 9 5 16 8 28
平成24年卒 5 8(9) 9 27(26) 33 40
現役 5 1 5 4 21 22
浪人 7(8) 4 23(22) 12 18
平成23年卒 8 10(11) 14 19(18) 38 45
現役 8 3 8 8 28 24
浪人 7(8) 6 11(10) 10 21
平成22年卒 5 18 12 32 42 38
現役 5 1 9 9 28 20
浪人 17 3 23 14 18
(   )は、九大医学部を考慮した場合

合格した国公立大学の偏差値から見ると
平成25年卒生は、偏差値68~70の層が少ない傾向にあります。
平成24年卒生は、偏差値72以上が少ない傾向にあります。
平成23年卒生は、偏差値70~72の層が少ない傾向にあります。
これは、平成23年卒生が受験した平成20年度高校入試の平均点が高く、易しかったことから、計算ミス等些細なミスで不合格となった学生が多く、私立高校に流れたこともあります。
これにより、平成24年度大学入試では、平成23年卒の成績上位層の浪人生が少なかったことが全体の合格者数を減少させたと考えられます。

 
 
   
 


 鶴丸高校の偏差値別分布状況(累計順位)
 偏差値 78以上 74~78 72~74 70~72 68~70 66~68
現役合格 東大現役 京大現役 医学部現役 S2大現役 S3大現役 A1大現役
浪人合格 東大浪人
九大医学部
京大浪人 医学部浪人 S2大浪人 S3大浪人
平成26年卒
現役 4 2 12 7 20 23
浪人
平成25年卒 1~3 4~14 15~33 34~62 63~86 87~140
現役 3 2 14 13 16 26
浪人 9 5 16 8 28
平成24年卒 1~5 6~14 15~23 24~49 50~82 83~122
現役 5 1 5 4 21 22
浪人 7(8) 4 23(22) 12 18
平成23年卒 1~8 9~19 20~33 34~51 52~89 90~134
現役 8 3 8 8 28 24
浪人 7(8) 6 11(10) 10 21
平成22年卒 1~5 6~23 24~35 36~67 67~109 110~147
現役 5 1 9 9 28 20
浪人 17 3 23 14 18

合格した国公立大学の偏差値の累計から見ると
平成22年卒生は上位で推移していて、平成24年卒生は下位で推移しています。
平成23年卒生と平成25年卒生が、中位で推移しています。
つまり、平成22年卒生の国公立大学実績が高かったことがわかります。



下の表は、平成25年3月卒業生の進研模試の偏差値分布です。
鶴丸高校の受験者数は、284人と受験者数が90%程度ですが、合格した大学の偏差値との相関があることがわかります。


進研模試(高校2年生:平成24年1月)高校別偏差値分布(順位)
偏差値 80以上 78~80 76~78 74~76 72~74 70~72 68~70 66~68
現役 東大現役 京大現役 医学部現役 S2大現役 S3大現役 A1大現役
浪人 東大浪人 京大浪人 医学部浪人 S2大浪人 S3大浪人
鶴丸 1 2~9 10~17 18~30 31~52 53~73 74~105 106~131
志学館 1 2 3~6 7~15 16~19 20~29 30~38 39~42
甲南   1 2~5 6~7 8~11 12~20 21~41 42~73
鹿児島中央   1       2~3 4~8 9~20
鹿児島玉龍 1 2 3~4 5~7 8~11 12~20 21~27 28~35
加治木   1 2 3 4 5~7 8~12 13~20
 
平成25年卒生の合格した国公立大学の偏差値分布と高2年1月の進研模試の偏差値分布を比較すると以下のグラフになります。
これを見ると、試験模試の偏差値の生徒数が合格実績より高いことがわかります。
つまり、偏差値で2程度のずれがあり、模試の結果からすると偏差値74~78の階層が10人程度少ない状況となっています。

なお、難関国公立大学の他に、熊本大学薬学部や長崎大学薬学部、慶応大学や早稲田大学への進学者もおり、これらの進学者はS3大学レベルに相当することから、この点を考慮する必要があります。


12.21.17:56

加治木高校の国公立大学合格実績

今回はご依頼がありましたので、加治木高校の国公立大学の合格実績について掲載します。

S1大学合格者数は、以下のとおりです。
平成20年度 東京大2人、国公立医学部1人
平成21年度 東京大1人、京都大1人、国公立大医学部3人
平成22年度 京都大1人、国公立大医学部1人
平成24年度 京都大5人、国公立大医学部1人
平成26年度 東京大1人、京都大1人

S3大以上の合格者数は、12人~27人となっています。

加治木高校の国公立大学合格実績
学力到達
ゾーン
大学名 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
S1大 東京大 2 1 1 4
京都大 1 1 5 1 8
国公立
医学部
1 3 1 1 6
S1大計 3 5 2 6 2 18
S2大 東京工業大 1 2 3
一橋大 1 1 2
大阪大 1 4 2 2 5 1 2 17
S2大計 1 5 2 3 5 1 5 22
S3大 東北大 1 1
名古屋大 1 1 1 3
九州大 21 14 8 14 10 7 16 14 16 120
神戸大 2 1 1 1 1 1 2 9
S3大計 23 16 9 17 11 9 16 14 18 133
S3大以上計 24 16 12 27 15 12 27 15 26 173
A1大 筑波大 3 2 1 1 4 3 2 1 17
千葉大 2 1 1 2 1 7
お茶の水女子大 1 1 2
東京外国語大 1 1
東京農工大 2 2
東京学芸大 2 1 1 1 2 1 8
横浜国立大 1 1 3 1 4 3 2 15
金沢大 1 1 2
大阪外国語大 1 3 4
奈良女子大 1 1 1 1 1 1 6
広島大 8 4 10 3 11 6 9 9 5 65
熊本大 15 17 17 10 26 21 12 14 13 145
A1大計 30 31 30 18 44 37 25 31 27 273
A2大
宇都宮大
2
1
3
埼玉大 1 1 1 1 4
茨城大 1 1 1 3
東京海洋大 1 1
静岡大 1 2 3
三重大 1 1
愛知教育大 1 1 1 3
大阪教育大 1 2 2 5
神戸教育大 1 1
岡山大 1 1 1 1 1 5
長崎大 3 3 3 4 5 3 4 6 5 36
鹿児島大 83 78 61 77 65 71 75 76 73 659
A2大計 88 84 66 83 74 78 80 88 84 725
A2大 帯広畜産大 1 1
北海道教育大 1 1
山形大 1 1
福井大 1 1
信州大 1 1 2
和歌山大 1 1 1 1 4
兵庫教育大 1 1 2
鳥取大 2 2 1 5
島根大 1 2 1 1 5
香川大 2 1 3
愛媛大 1 1 2
徳島大 2 1 1 4
高知大 2 2 1 1 1 7
山口大 1 2 3 2 5 6 1 4 3 27
九州工業大 5 2 3 5 3 6 4 7 5 40
福岡教育大 2 1 3 4 3 1 5 3 6 28
大分大 3 6 2 1 3 1 3 19
宮崎大 8 15 7 7 6 9 6 6 4 68
その他 1 1
A3大計 22 28 23 26 26 26 21 25 24 221
B1大 佐賀大 3 6 2 1 5 4 2 2 3 28
鹿屋体育大 1 1 1 3
琉球大 3 2 1 2 3 1 3 15
北見工業大 1 1 2
B1大計 7 9 3 5 8 5 2 3 6 48
国立大学 171 168 133 157 166 158 154 162 167 1436
S3大 岐阜薬科大 1 1 2
S3大計 1 1 2
A1大 大阪府立大 1 1 3 5
大阪市立大 1 1 2 1 1 2 8
首都大学東京 2 1 1 1 1 6
名古屋市立大 1 1 2
神戸市立外大 1 1 1 2 2 7
A1大計 2 4 2 3 4 3 3 4 3 28
A2大 横浜市立大 1 3 1 1 1 7
静岡県立大 2 1 3
福岡県立大 1 1 3 2 7
埼玉県立大 1 1
高知女子大 1 1 1 3
福岡女子大 3 2 1 1 1 2 2 12
大分看護大 1 2 2 1 1 1 3 11
A2大計 6 5 3 6 5 5 3 5 6 44
A3大 高崎経済大 1 1
都留文科大 2 3 1 1 1 8
金沢美工大 1 1
愛知県立大 1 1 1 1 4
兵庫県立大 1
岡山県立大
県立広島大 1 3 1
広島市立大 1 1 2
下関市立大 2 2 4 3 1 4 1 3 20
熊本県立大 1 2 1 6 3 2 2 4 21
A3大計 15 9 17 12 21 19 13 15 16 137
   B1大      山梨県立大   1 1 2
奈良県立大 1 1
尾道大 1 1 1 1 4
宮崎公立大 1 4 7 1 3 3 3 3 3 28
長崎県立大 2 5 1 2 5 6 5 5 5 35
シーボルト大 1 1
山口県立大 1 2 1 4
その他 1 2 2 5
B1大計 4 13 8 4 9 10 10 11 12 81
B2大 釧路公立大 2 1
島根県立大 1 1
名桜大 3 3
B2大計 2 1 3 6
公立大学計 33 31 31 27 40 37 32 36 37 304
国公立大 204 199 164 184 206 195 186 198 204
卒業生数 313 306 318

12.18.20:25

武岡台高校の国公立大学合格実績

武岡台高校の国公立大学の合格実績について掲載します。

各大学の合格実績は以下のとおりです。

S2大学には、平成20年度に大阪大に1人が合格しています。
S3大学には、以下のとおり合格しています。
平成19年度 九州大に2人
平成20年度 東北大1人、九州大1人
平成21年度 合格者0人
平成22年度 九州大1人、神戸大1人
平成23年度 神戸大1人
平成24年度 九州大1人、九州歯科大1人
平成25年度 合格者0人
平成26年度 九州大2人、神戸大1人 
  
  武岡台高校の国公立大学合格実績
学力
到達
ゾーン
大学名 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
S1大
S2大 大阪大 1 1
S2大計 1 1
S3大 東北大 1 1
九州大 2 1 1 1 2 7
神戸大 1 1 1 3
S3大計 2 2 2 1 1 3 11
A1大 筑波大 1 1 2
千葉大 1 1
東京外国大 1 1 2
東京学芸大 1 2 1 4
横浜国立大 1 1
奈良女子大 1 1
広島大 5 4 4 3 1 3 20
熊本大 2 3 2 3 2 3 5 6 26
A1大計 2 6 7 10 11 6 6 9 57
A2大 宇都宮大 1 1 1 3
埼玉大 1 1 2 1 5
茨城大 1 1 2
電気通信大 1 1 2
東京海洋大 1 1 2
静岡大 2 2
三重大 1 1 2
岡山大 1 2 2 5
長崎大 1 4 7 3 7 4 3 1 30
鹿児島大 44 49 56 65 41 60 43 51 409
A2大計 45 57 69 68 51 67 51 54 462
A3大 北海道教育大 1 1
山梨大 1 1
富山大 2 2 4
福井大 1 1
和歌山大 1 1 2
滋賀大 1 1 2
鳥取大 1 1 1 3
島根大 1 1 1 1 4
香川大 1 1 2
愛媛大 2 1 1 2 6
徳島大 2 1 1 1 5
高知大 4 1 2 1 8
山口大 1 4 1 4 4 1 2 17
九州工業大 1 3 1 2 1 1 9
福岡教育大 4 1 2 3 2 2 14
大分大 4 5 1 2 2 2 2 18
宮崎大 9 9 11 5 5 9 7 1 56
その他 1 2 3
A3大計 13 27 26 19 17 27 13 13 155
B1大 群馬大 1 1
佐賀大 4 1 3 4 2 2 1 1 18
鹿屋体育大 1 1
琉球大 4 2 3 3 5 3 2 3 25
北見工業大 1 1 1 3
B1大計 13 27 26 19 17 27 13 13 155
国公立大 70 97 109 108 87 106 74 80 731
S3大 九州歯科大 1 1
S3大計 1 1
A1大 大阪府立大 1 3 1 5
A1大計 1 3 1 5
A2大 神奈川県立保健大 1 1
茨城医療大 1 1
横浜市立大 2 2
福岡県立大 1 2 4 2 3 1 2 15
福岡女子大 1 1 2
大分看護大 1 1
宮崎看護大 1 2 1 4 8
A2大計 2 2 6 4 8 2 6 30
A3大 高崎経済大 1 1 2
前橋工科大 1 1
都留文化大 2 1 2 5
愛知県立大 1     1    
               兵庫県立大                 1      1  3      1     6   
岡山県立大 1 1 1 1 1 5
県立広島大 1 1 1 1 4
広島市立大 1 1 2
下関市立大 1 5 2 2 6 7 2 25
北九州市立大 6 8 6 10 6 10 13 59
熊本県立大 2 4 2 6 3 1 2 20
A3大計 12 23 12 22 19 23 19 130
B1大 岩手県立大 1 1 2
群馬県立女子大 1 1
石川県立大 1 1
宮崎公立大 1 2 2 4 3 3 3 18
長崎県立大 4 6 3 3 6 4 3 29
山口県立大 1 2 1 4
滋賀県立大 1 1
その他 4 2 6 1 3 16
B1大計 7 14 8 15 10 8 10 72
B2大 公立未来大 2 2
島根県立大 1 1
名桜大 1 4 1 4 10
B2大計 1 2 1 4 1 4 13
公立大計 27 22 40 31 42 43 34 39 278
国公立大計 97 122 149 139 129 149 108 122 1015
卒業生数 308 314 305 305 302

12.16.10:53

平成26年度鹿児島中央高校国公立大学合格実績

鹿児島中央高校の国公立合格実績について掲載します。

S1大合格者数は、0人から3人の間で増減を繰り返しています。
S2大合格者数は、0人から2人の間で増減を繰り返しています。
S3大合格者数は、2人から9人の間で増減を繰り返しています。
S3大以上の合格者数は、4人から12人の間で増減を繰り返しています。 

鹿児島中央高校の国公立大学合格実績
区 分 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
S1大 1 0 0 3 2 2 1 2 3 14
S2大 0 2 1 1 0 1 1 0 1 7
S3大 7 7 3 7 6 9 8 2 7 56
小計 8 9 4 11 8 12 10 4 11 77
A1大 35 23 31 35 33 32 26 20 22 257
A2大 162 146 130 132 132 120 131 128 102 1183
A3大 45 46 28 51 45 34 42 29 42 362
小計 242 215 189 218 210 186 199 177 166 1802
B1大 20 20 17 17 3 5 5 8 17 112
B2大 0 0 0 1 0 1 1 0 1 4
小計 20 20 17 18 3 6 6 8 18 116
合計 280 244 210 247 221 204 218 190 205 2019

12.13.16:30

鹿児島中央高校国公立大学合格実績

鹿児島中央高校の国公立大学合格実績について掲載します。
分析は、明日行います。

 鹿児島中央高校の国公立大学合格実績
学力到達度
ゾーン
大学名 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
S1大 東京大 1
京都大 1
国公立大
医学部
2 2 2 1 2 3
A1計 1 3 2 2 1 2 3
S2大 一橋大
東京工業大
大阪大 1
S2計 1
S3大 九州大 6 7 3 6 5 9 4 1 6
東北大 1
名古屋大 1
神戸大 1 1 2
S3計 7 7 3 6 6 9 6 2 7
S3以上計 8 9 4 10 8 12 8 2 8
A1大 北海道大
東京外国語大 1 1 1 2
筑波大 2 2 3 1 1
千葉大 2 1 1 1 1 1 2
お茶の水女子大
東京芸術大 1 1
東京農工大 1
東京学芸大 1 3 2 3 1 1
横浜国立大 3 1 1 1 2 3 1
大阪外国語大 1 1
奈良女子大 1 1 1 1
広島大 11 3 10 4 6 8 3 7 7
熊本大 12 11 8 15 15 15 17 10 16
A1計 32 21 26 26 27 28 26 19 28
A2大 宇都宮大 3
埼玉大 1 3 1
茨城大 3 2 1 1 1
東京海洋大 2 1
静岡大 1 2 2 1 1 2
名古屋工業大 1 1
三重大 1 1
京都教育大 1
愛知教育大 1 1
大阪教育大 1 1 1 1
岡山大 1 1 1 2 2
長崎大 3 6 2 3 3 1 2 3 5
鹿児島大 149 135 113 115 123 111 123 114 85
A2大計 161 143 125 128 128 114 126 120 97
A3大 山梨大 2
信州大 1 1 1
和歌山大 1
滋賀大 1 1 1 1
奈良教育大 1 1
兵庫教育大 1
鳥取大 1 1
島根大 1 1 1
香川大 1 1 1
徳島大 1 1
高知大 2 1 4 1 2
山口大 3 1 2 2 3 1 3 3 5
九州工業大 3 5 3 5 6 5 5 3
福岡教育大 1 6 1 3 7 4 2 10 6
大分大 3 6 3 5 1 1 3
宮崎大 9 11 3 3 1 7 7 4 3
A3大計 22 33 14 24 25 20 20 18 25
B1大 佐賀大 6 4 4 3 1 2 1 2 4
鹿屋体育大 1 1 1 1
琉球大 4 2 1 1
北見工業大 1 1 2
B1大計 12 7 5 7 2 2 1 2 5
国立大 235 213 174 193 188 174 180 161 162
S3大 九州歯科大 2
奈良医大 1
S3大計 1 2
A1大 京都府立大 1 1 1
大阪府立大 2 1 2 1
大阪市立大 1 1 1
首都大学東京 4 2 3 3
名古屋市立大 1 1 1
神戸市立外語大 2 1 2 2
A1大計 3 2 5 9 6 4 1 4
A2大 国際教養大 1
群馬健科大 1
茨城医療大 1
横浜市立大 2 1 2 1 1
福岡県立大 1 1 1 1 1 1 2 1
埼玉県立大 1
福岡女子大 2 2 1 1 1 3 4
宮崎看護大 1 1 2 2 1
A2大計 1 3 5 4 4 6 5 8 5
A3大 高崎経済大 1 1
都留文化大 1 1 1 1
愛知県立大 1
兵庫県立大 1 1 1 1 1
岡山県立大 1 1 2
県立広島大                   1                       1                     1   
広島市立大 1
下関市立大 8 3 2 8 2 4 4 1 4
北九州市立大 12 5 6 12 8 7 10 3 6
熊本県立大 1 3 2 6 6 2 7 6 4
A3大計 23 13 14 27 20 14 22 11 17
    B1大     群馬県立女子大 1
奈良県立大 1
尾道大 1
宮崎公立大 3 1 5 6 1 2 1
長崎県立大 2 8 7 3 2 3 3 8
シーボルト大 1 1
山口県立大 1 1 1 2
その他 1 1 1 1
B1大計 8 13 12 10 1 3 4 6 12
B2大 釧路公立大 1
名桜大 1 4 1 1
B2大計 1 1 4 1 1
    公立大                          35 31 36 52 31 28 37 27 39
  国公立大         270  244  210  245  219  202  217  188  201
現役① 227 208 180 189 193 169 163
浪人②   43 36 30 56 26 33 38
 卒業生数
350 314 312 316 313 313 307 317
 現役
合格率 
①/③%
59.4 57.3 60.6 61.1 54.0 51.4
合格者
占有率
69.7 66.9 78.5 69.3 64.5 63.4
クラス
(定員数)
        定員数推移       9
 360
9
 360
8
 320
8
 320
8
 320
8
 320
8
 320
8
 320
8
 320

12.12.23:42

平成26年度甲南高校国公立大学合格実績分析

平成26年度の甲南高校の難易度別大学合格実績や現役合格・浪人合格について分析してみます。

 大学の難易度は、学部各学科も含めて検討すべきですが、学部学科が公表されていないため、ベネッセの大学別の学力到達度ゾーンにより区分して集計してみました。

【S1大学】
東大、京大、国公立大医学部医学科の合格者数は、平成19年度4人、平成20年度9人、平成21年度11人と増加傾向にありましたが、平成22年度は7人に減少しました。
平成23年度は、9人と2人増加しまし、 平成23年度の医学部医学科合格者数は、九大医学部医学科1人(北九州予備校)、鹿児島大学3人(うち北九州予備校、鹿児島高等予備校から各1人ずつ)合格しています。
平成24年度は、8人と1人減少しました。また、7人は浪人生となっています。
平成25年度は、東大、京大にそれぞれ2人、医学部医学科に1人の合計5人が合格しています。
平成26年度は、医学部医学科は4人で、京大に4人が合格しています。東大合格者は平成22年度に次いで合格者が出ていません。
 
【S2大学】
S2大学の合格者数は、平成19年度~平成21度は4人でしたが、平成22年度は2人に減少しました。平成23年度は、大阪大学に6人現役合格するなど全員現役で7人が合格しました。
平成24年度は、平成23年度と同じく7人が合格しましたが、そのうち現役生は3人です。
平成25年度は、8人が合格し、そのうち6人が現役生です。
平成26年度は、6人が合格し、そのうち4人が現役生です。

【S3大学】
平成19年度は27人でしたが、平成20年度以降は30人台で推移しています。平成24年度は47人と40人台と大幅に増加し、31人が現役生となっています。特に、九大の増加が大きく影響しています。また。47人中36人が現役合格しています。
平成25年度は、30人と例年並となっています。特に、九大の現役が9人と少なくなっています。
平成26年度は、平成25年度に比較して13人増加し、43人となっています。現役生はそのうち29人です。

【S3以上の大学】
平成19年度37人から平成20年度48人、平成21年度45人、平成22年度41人、平成23年度48人と40人台をキープしましたが、平成24年度は62人と大幅に増加し、そのうち約3分の2が現役です。
平成25年度は九大の合格者数の現象で42人に減少し、約半分の22人が現役生となりました。
平成26年度は11人増加し、平成24年度に次いで多い57人となり、現役合格者数も回復しました。

甲南高校の難関国公立大学合格実績
区 分 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
S1大学 6 9 11 7 9
(4)
8
(1)
4
(2)
8
(2)
S2大学 4 4 4
(2)
2
(2)
7
(7)
7
(3)
8
(6)
6
(4)
S3大学 27 35 30
(24)
32
(26)
32
(20)
47
(36)
30
(12)
43
(29)
37 48 45 41 48
(31)
62
(40)
42
(20)
57
(35)
H20年度、H22年度は、公立大のS3大学合格者1人含む。
H23年度は九大医学部合格者1人のため、S3大学から1人減している。

12.11.20:51

平成26年度甲南高校国公立大学合格実績

甲南高校の大学合格実績は以下のとおりです。分析は次回とします。

なお、各学力ゾーンの合計値は、その他大学分をカウントしているため、一致していない年度があります。

 甲南高校年度別学力到達別国公立大学合格者数   (  )は現役合格者数
学力到達度
ゾーン

大学名

H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
国立大学

東京大

1(0) 4(2) 1(1) 1(1) 1(0) 2(1)
S1
京都大 3(0) 3(1) 5(3) 3(2) 4(2) 3(1) 2(1) 4(2)
国公立大
医学部
2 2 5 4 4(1) 4(0) 1(0) 4(0)
S1計 6 9 11 7 9(4) 8(1) 4(2) 8(2)
S2
一橋大 3 1(0) 2(2) 1(0)
東京工業大 1(1) 1(0) 2(1)
大阪大 4 1 3(2) 6(6) 5(3) 6(5) 6(4)
S2計 4 4 4(2) 2(2) 7(7) 7(3) 8(6) 6(4)
S3 九州大 27 32(26) 22(19) 26(24) 29(19)
医1(0)
43(35) 22(9) 36(23)
東北大 1(0) 1(0) 2(1) 1(1) 1(0)
名古屋大 1 1(0) 1(1) 2(0) 2(1) 3(3)
神戸大 1 6(5) 3(1) 1(0) 1(0) 5(3) 4(3)
S3計 27 34 30(24) 31(26) 32(20) 47(36) 30(12) 43(29)
S3以上 37 47 45 40 48(31) 62(40) 42(20) 53(35)
A1 北海道大 1(0) 1(0) 2(1) 2(2) 1(0)

東京外国語大

3(2) 1(1) 1(0) 1(1) 2(1) 1(1)

筑波大

3(2) 5(4) 4(4) 3(1) 3(3)
千葉大 1(0) 2(0) 1(1) 1(1)

お茶の水女子大

4(4) 2(2) 1(1) 2(1)
東京芸術大 1(1) 1(1) 1(1)
東京農工大 1(1)
東京学芸大 3 4(4) 4(4) 4(4) 1(1) 1(1) 3(2)
横浜国立大 7(5) 4(3) 2(2) 1(1) 2(1) 4(3)
大阪外国語大
奈良女子大 1 1(0) 2(2) 2(2)

広島大

16(13) 12(10) 9(8) 12(11) 12(8) 11(10)

熊本大

19 23 25(23) 18(15) 20(16) 16(13) 17(17) 20(17)
A1計 20 38 67(56) 49(42) 48(40) 33(29) 41(30) 47(40)
A2 宇都宮大
埼玉大 1(1)
茨城大 1(1) 1(1)
電気通信大 1(1)
東京海洋大
静岡大 3(3) 1(1)
名古屋工業大
三重大
京都教育大
大阪教育大 1(1)
岡山大 1 2(1) 1(0) 1(0) 1(1)
長崎大 6 2 7(5) 3(2) 10(9) 8(6) 1(1) 5(4)

鹿児島大

120 101 91
(79)
112
(86)
119
(100)
医3
108
(87)
医4
104
(85)
87
(68)
A2計 126 109 104
(89)
121
(91)
132
(110)
122
(93)
108
(86)
93
(73)
A3 帯広畜産大 1(1)
山形大 1(1)
信州大 1
和歌山大 2 1
奈良教育大 1
島根大 2
愛媛大 1
徳島大 1
山口大 4(4) 3(2) 2(2) 4(4)
九州工業大 5 7(6) 9(9) 4(4) 9(9) 16(16) 3(3)
福岡教育大 6 3(2) 7(5) 3(3) 5(4) 5(3) 1(1)
大分大 1(1) 4(4) 1(0) 2(0) 1(1) 1(1)
宮崎大 5 5 6(6) 8(8) 5(4) 4(3) 4(4) 8(7)
A3計 5 18 28(19) 35(28) 18(11) 21(16) 30(26) 23(16)
B1 弘前大 1
群馬大
佐賀大 2(2) 1(0) 1(1) 1(1) 1(1)
琉球大 2 1 1(0) 1(0)
B1計 3 3(2) 1(0) 1(1) 1(1) 1(0) 2(1)
合計 236
(189)
236
(192)
228
(179)
216
(163)
218
(167)
その他 10(10) 6(5) 7(4) 8(4) 4(1) 6(2)
公立
大学
S3 岐阜薬科大 1
九州歯科大 1
S3計 1 1
A1 京都府立大
大阪府立大 2 3(3) 3(1) 1(1) 5(4) 2(1)
大阪市立大 1(1)
首都大学東京 3 2(1) 9(6) 2(1) 4(4) 3(2) 2(1)
名古屋市立大 1
神戸市立外国語大 1 2(2) 2(2) 1(0)
A1計 7 7(6) 12(7) 4(2) 9(8) 6(5) 5(2)
A2 群馬健科大 1
埼玉県立大 1 1
横浜市立大 1(1) 1(1)
福岡県立大 1 2(2) 2(2) 1(1)
福岡女子大 1(1) 4(4) 1(1) 3(3)
宮崎看護大 2(2) 1(1)
A2計 2 5(3) 7(6) 3(3) 5(5) 5(2)
A3 高崎経済大 1 1
前橋工科大 1
都留文科大 3(3) 1(1) 2(2)
岡山県立大 1 1 1
県立広島大 1 1(1) 1(1)
下関市立大 1 1 2(2) 2(2)
北九州市立大 2 5(4) 4(3) 6(5) 5(5)
熊本県立大 2 3 2 7(7) 2(2)
A3計 4 11(7) 12(4) 10(5) 17(17) 2(2) 14(3)
B1 長崎県立大 3 1(1) 2(2) 2(1)
宮崎公立大 1 1 1 3(3) 3(3)
山口県立大 1
B1計 3 2 2 3 6(2) 10(3) 11(4)
その他 4(1) 7(6) 6(5)
国公立大 267
(224)
276
(220)
261
(209)
271
(214)
245
(186)
253
(195)
卒業生数 305 315 316 308
現役占有率 71.1% 69.6% 60.4%
合格者占有率 84.8% 87.3% 79.5%

11.24.10:45

大口高校国公立大学合格実績

大口高校の国公立大学の合格実績について記載します。

県立高校学力向上推進推進総合プラン(H18年度~H20年度)期間中の3年目は、国公立大学合格者数は11人(卒業生占有率7.2%)となっています。
次期プランの 県立高校学力向上推進プロジェクト(H21年度~H26年度)では、平成24年度には国公立大学合格者数は18人(卒業生占有率18.9%)まで伸びました。

しかし、平成25年度から平成26年度は、2人、4人と低迷しています。
また、S3大学(旧帝大)の合格実績はありませんが、A1大学には平成23年度には熊本大学1人、平成24年度には神戸市立大学に1人、平成25年度には東京外国語大学、広島大学に各1人が合格しています。

今回の交付対象大学で言えば、A1大学の東京外国語大学、広島大学、熊本大学、神戸市立大学が30万円の対象となると想定されます。

過去には、東京大学に6人が合格しており、今回の制度により、優秀な学生が多く集まり、進学実績を伸ばし、定員を確保できるよう期待しています。

 
大口高校国公立大学合格実績
卒業生 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
クラス数 4 4 4 4 4 4 3 3 3
卒業生数 152 137 111 125 95 109 109
国立大 6 11 8 12 10 2 2
旧帝大(北大除き)
+一橋大・東工大
A1大学 1 2
 東京外国語大 1
 広島大 1
 熊本大 1
A2大学 3 9 6 8 2
 長崎大 1
 鹿児島大 3 9 6 7 2
A3大学 2 2 5 4 2
 富山大 1
 高知大 1
 山口大 1 1 1
 九州工業大 1
 福岡教育大 1
 大分大 2 1 1
 宮崎大 1 2 1
B1大学 3 1
 鹿屋体育大 2
 琉球大 1
 北見工業大 1
公立大 2 5 8 2
国公立大計 6 11 10 17 18 2 4
卒業生数に対する
国公立大学合格者
の占める割合%
7.2 9.0 13.6 18.9 1.8 3.6
公立大             H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
 神戸市立大(A1)     1
 福岡県立大(A2) 1 1
 前橋工科大(A3) 1
 都留文科大(A3) 1
 北九州市立大(A3) 2 2
 尾道県立大(B1) 1
 山口県立大(B1) 1 1
 長崎県立大(B1) 1 1 1
 宮崎公立大(B1) 1
 大分看護大(A2)                                                                     1  
 高   校    プ  ロ  ジ  ェ  ク  ト   県立高校学力向上
  推進推進総合
プラン
      県立高校学力向上推進プロジェクト

11.20.19:41

大口高校の新たな挑戦

 最近話題になっている大口高校の取り組みについて掲載します。
 この取り組みは、伊佐市が定員割れが続く市内の県立大口高校の入学者を確保するため、四年制大学へ進んだ生徒に奨励金を支給するもので、東大や九州大といった旧帝大、早稲田大や慶応大などの難関私立大は100万円、ほかの国公立と私立大は30万円を交付するというものです。また、北九州予備校と連携して、土曜、日曜、祭日を利用して特別講義も行います。

 
 この取り組みについては、いろいろ議論があるところですが、私は素晴らしい取り組みだと考えています。
 本日、朝のNHKのニュースでも報道されていますが、この取り組みが高校の定員確保のみを考えたものではなく、地域の活性化を考慮している点です。
 たとえば、定員割れで部活をする高校生が少なくなり、スポーツ店の売り上げが激減したり、
高校の食堂では地元の農産物が使用されていますが、使用する農産物が減少し、少なからず農業に影響を与えていることなどが紹介されており、これら地域経済に与える悪影響をできる限り抑えることも重要なことだと思います。
 また、市内の中学校を卒業した生徒のうち市外の加治木高校や出水中央高校などを受験する率が平成25年度の32%から平成26年度には46%と約半数が市外の高校を受験していること自体も異常といえるほど状況が厳しいということを物語っています。
 

 また、そもそも、鹿児島市内などとは比べものにならないほど大学受験環境が厳しい状況下にあり、また、自宅の近くにあって通える進学校がないということ自体、それを是正するのも行政の役割だと考えます。
 
 まさしく、教育に視点を当てた地方創生ではないかと思います。
 
 
 是非いい結果がでることを期待します。
 
 今回の取り組みは、マスコミでも多く伝えられ、その反響の大きさを実感できます。
 これだけでも、宣伝効果としては絶大なものがあったと思います。
 ただし、地域経済に関する報道はNHKだけのようです。マスコミは、一部を切り取って報道しがちなので注意が必要です。

 
 
 大口高校のホームページでも大々的に今回の取り組みを掲載するなどPRも徹底しています。

↓下記画像をクリックすると大口高校のホームページに行きます。
 

マスコミ報道

(夕刊フジ)
東大、早慶に行けたら100万円-。鹿児島県伊佐市は、定員割れが続く市内の県立大口高校の入学者を確保するため、四年制大学へ進んだ生徒に奨励金を支給することを明らかにした。東大や九州大といった旧帝大、早稲田大や慶応大などの難関私立大は100万円、ほかの国公立と私立大は30万円を配る。

 大学進学者への特典で市外の高校との違いを打ち出す狙いがあり、市の担当者は「優秀な中学生の市外への流出を防ぎ、大口高校に注目を集めたい」と話している。

 市や大口高によると、来春の卒業者から適用、再来年からは浪人生も対象にする。難関大とそれ以外の線引きなど、具体的な支給基準は今後詰める。この春、大口高から四年制大学へ進んだのは36人だった。

 伊佐市内の中学校を今春卒業した227人のうち102人は、鹿児島県霧島市といった市外の高校や高専などに進学。大口高は入学定員120人に対し61人にとどまった。


(夕刊ゲンダイ)
「難関大学に合格したら100万円あげます」――。鹿児島県の高校が“ご褒美”で優秀な生徒を集めようとしている。

 この学校は伊佐市の県立大口高校。同校は全校の定員が360人だが、3年連続で定員割れし、現在の生徒数は267人。市内の中学生が加治木高校(姶良市)や出水中央高校(出水市)など市外に進学するケースが多いからだ。

 伊佐市はこうした“頭脳の流出”を防ぐためには難関大学の合格者を増やすことが必要と判断。奨励金を市議会で決議し、5000万円の基金を盛り込んだ補正予算を可決した。東大や京大、九大といった「旧帝大」のほか、早稲田、慶応などの私学の難関大学に合格した生徒には100万円。それ以外の知名度の高い大学の合格者には30万円を支給する。鹿児島市から予備校の講師を招聘し、土日に特別授業を実施する計画も進めている。

「大口高校から今春、有名大学に合格したのは4人。鹿児島大が2人、山口県立大と大分県立看護科学大がそれぞれ1人でした。めぼしい有名私大の合格者はいません。これから奨励金の対象の大学を決定し、来年春から支給します。初年度は約20人を見込んでいます」(伊佐市企画政策課)

■県内に20校の進学校

「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏によると、鹿児島県は教育熱心な県で、進学校の数は約20。県立のトップである鶴丸高校は今春、東大に13人、京大に7人、九大に37人を合格させた。大口高校は20校の下位に位置するそうだ。

 安田氏が言う。
「100万円というニンジンを突きつけても、生徒の親は優秀な生徒が集まる高校に子供を進ませたがるもの。優れた高校は教員が受験知識を豊富に持っているからです。今回の奨励金が効果を発揮するかはまったくの未知数。効果が出るとしても早くて再来年の春、有名校に20人通るまで最低でも3、4年はかかると思います」

 文科省のデータによると、2014年春の高校進学者は全国で117万4006人。10年前より9万1964人も減っている。こうした進学者の減少が定員割れに拍車をかけている。

「全国の高校が今回の大口高の試みを注視しているはずです。大口高が実績を伸ばすには生徒だけでなく、現存の教員が予備校講師に学び、生徒を引きつける面白い授業ができるようになることが不可欠です」(安田賢治氏)

 何人がニンジンを手にできるだろうか。

(読売新聞)
鹿児島県伊佐市は、市内にある県立大口高校(生徒数267人)から難関大学に進学した生徒に対し、最高100万円の奨励金を支給することを決めた。
進学希望者の定員割れが続く中、優秀な中学生の市外への流出を防ぐのが狙い。市議会は12日の臨時議会で、奨励金を含む大口高校活性化基金5000万円を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を可決した。

 市によると、支給額は東京大や京都大、九州大などの「旧帝大」と難関私立大に進学する場合100万円、他の国公立大(短大を除く)やそれと同程度の私立大は30万円。来春の進学者から対象とし、浪人生にも適用する。市は初年度の対象者を約20人と見込んでいる。

 同校では12月から、基金を使って、有名予備校の講師による特別講義も導入し、生徒の学力向上を図る。

(スポニチ)
難関大学行ったら奨励金100万円 定員割れ対策に市が動く   

 鹿児島県伊佐市は13日、定員割れが続く市内の県立大口高校の入学者を確保するため、四年制大学へ進んだ生徒に奨励金を支給することを明らかにした。東大や九州大といった旧帝大、早稲田大や慶応大などの難関私立大は100万円、ほかの国公立と私立大は30万円を配る。

 大学進学者への特典で市外の高校との違いを打ち出す狙いがあり、市の担当者は「優秀な中学生の市外への流出を防ぎ、大口高校に注目を集めたい」と話している。

 市や大口高によると、来春の卒業者から適用、再来年からは浪人生も対象にする。難関大とそれ以外の線引きなど、具体的な支給基準は今後詰める。この春、大口高から四年制大学へ進んだのは36人だった。

 伊佐市内の中学校を今春卒業した227人のうち102人は、鹿児島県霧島市といった市外の高校や高専などに進学。大口高は入学定員120人に対し61人にとどまった。

 文部科学省によると、難関校など大学を分類して自治体が奨励金を出すのは珍しい。

(産経ニュース)
難関大入学で奨励金100万円 鹿児島

 鹿児島県伊佐市は13日、定員割れが続く市内の県立大口高校の入学者を確保するため、四年制大学へ進んだ生徒に奨励金を支給することを明らかにした。東大や九州大といった旧帝大、早稲田大や慶応大などの難関私立大は100万円、ほかの国公立と私立大は30万円を配る。

 大学進学者への特典で市外の高校との違いを打ち出す狙いがあり、市の担当者は「優秀な中学生の市外への流出を防ぎ、大口高校に注目を集めたい」と話している。

 市や大口高によると、来春の卒業者から適用、再来年からは浪人生も対象にする。難関大とそれ以外の線引きなど、具体的な支給基準は今後詰める。この春、大口高から四年制大学へ進んだのは36人だった。


(毎日新聞)
 鹿児島・伊佐市:進学に特典 旧帝大や早慶で100万円

 鹿児島県伊佐市は13日、定員割れが続く市内の県立大口高校の入学者を確保するため、4年制大学へ進んだ生徒に奨励金を支給することを明らかにした。東大や九州大といった旧帝大、早稲田大や慶応大などの難関私立大は100万円、ほかの国公立と私立大は30万円を配る。  

 大学進学者への特典で市外の高校との違いを打ち出す狙いがあり、市の担当者は「優秀な中学生の市外への流出を防ぎ、大口高校に注目を集めたい」と話している。

 市や大口高によると、来春の卒業者から適用、再来年からは浪人生も対象にする。難関大とそれ以外の線引きなど、具体的な支給基準は今後詰める。(共同)

11.19.20:38

鶴丸高校国公立大学合格実績

鶴丸高校の国公立大学の合格者数から偏差値別分布状況を推計してみます。
偏差値は、進研模試の偏差値を採用しています。
東大現役合格レベルを偏差値78以上、京大現役合格・東大浪人合格・九大医学部浪人合格レベルを偏差値74~78などと設定すると以下のようになります。


 鶴丸高校の偏差値別分布状況
 偏差値 78以上 74~78 72~74 70~72 68~70 66~68
現役合格 東大現役 京大現役 医学部現役 S2大現役 S3大現役 A1大現役
浪人合格 東大浪人
九大医学部
京大浪人 医学部浪人 S2大浪人 S3大浪人
平成26年卒
現役 4 2 12 7 20 23
浪人
平成25年卒 3 11 19 29 24 54
現役 3 2 14 13 16 26
浪人 9 5 16 8 28
平成24年卒 5 8(9) 9 27(26) 33 40
現役 5 1 5 4 21 22
浪人 7(8) 4 23(22) 12 18
平成23年卒 8 10(11) 14 19(18) 38 45
現役 8 3 8 8 28 24
浪人 7(8) 6 11(10) 10 21
平成22年卒 5 18 12 32 42 38
現役 5 1 9 9 28 20
浪人 17 3 23 14 18
(   )は、九大医学部を考慮した場合

合格した国公立大学の偏差値から見ると
平成25年卒生は、偏差値68~70の層が少ない傾向にあります。
平成24年卒生は、偏差値72以上が少ない傾向にあります。
平成23年卒生は、偏差値70~72の層が少ない傾向にあります。
  
 


 鶴丸高校の偏差値別分布状況(累計順位)
 偏差値 78以上 74~78 72~74 70~72 68~70 66~68
現役合格 東大現役 京大現役 医学部現役 S2大現役 S3大現役 A1大現役
浪人合格 東大浪人
九大医学部
京大浪人 医学部浪人 S2大浪人 S3大浪人
平成26年卒
現役 4 2 12 7 20 23
浪人
平成25年卒 1~3 4~14 15~33 34~62 63~86 87~140
現役 3 2 14 13 16 26
浪人 9 5 16 8 28
平成24年卒 1~5 6~14 15~23 24~49 50~82 83~122
現役 5 1 5 4 21 22
浪人 7(8) 4 23(22) 12 18
平成23年卒 1~8 9~19 20~33 34~51 52~89 90~134
現役 8 3 8 8 28 24
浪人 7(8) 6 11(10) 10 21
平成22年卒 1~5 6~23 24~35 36~67 67~109 110~147
現役 5 1 9 9 28 20
浪人 17 3 23 14 18

合格した国公立大学の偏差値の累計から見ると
平成22年卒生は上位で推移していて、平成24年卒生は下位で推移しています。
平成23年卒生と平成25年卒生が、中位で推移しています。
つまり、平成22年卒生の国公立大学実績が高かったことがわかります。



下の表は、平成25年3月卒業生の進研模試の偏差値分布です。
鶴丸高校の受験者数は、284人と受験者数が90%程度ですが、合格した大学の偏差値との相関があることがわかります。


進研模試(高校2年生:平成24年1月)高校別偏差値分布(順位)
偏差値 80以上 78~80 76~78 74~76 72~74 70~72 68~70 66~68
現役 東大現役 京大現役 医学部現役 S2大現役 S3大現役 A1大現役
浪人 東大浪人 京大浪人 医学部浪人 S2大浪人 S3大浪人
鶴丸 1 2~9 10~17 18~30 31~52 53~73 74~105 106~131
志学館 1 2 3~6 7~15 16~19 20~29 30~38 39~42
甲南   1 2~5 6~7 8~11 12~20 21~41 42~73
鹿児島中央   1       2~3 4~8 9~20
鹿児島玉龍 1 2 3~4 5~7 8~11 12~20 21~27 28~35
加治木   1 2 3 4 5~7 8~12 13~20
 
平成25年卒生の合格した国公立大学の偏差値分布と高2年1月の進研模試の偏差値分布を比較すると以下のグラフになります。
これを見ると、試験模試の偏差値の生徒数が合格実績より高いことがわかります。
つまり、偏差値で2程度のずれがあり、模試の結果からすると偏差値74~78の階層が10人程度少ない状況となっています。

なお、難関国公立大学の他に、熊本大学薬学部や長崎大学薬学部、慶応大学や早稲田大学への進学者もおり、これらの進学者はS3大学レベルに相当することから、この点を考慮する必要があります。


11.16.08:51

平成26年度鶴丸高校国公立大学合格実績

S3大学(九州大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学)の合格者数について分析してみます。なお、実際は北海道大学は、A1大学です。
 
  (九州大学合格者数)
 九州大学の合格者の合計は、平成20年度47人、平成21年度45人、平成22年度は48人、平成23年度は37人、平成24年度は37人、平成25年度は29人、平成26年度は37人となっています。

九州大学の現役合格者の合計は、平成20年度34人、平成21年度26人、平成22年度は24人、平成23年度は27人、平成24年度は19人、平成25年度は15人、平成26年度は16人となっており、若干減少傾向にあります。

一方、九州大学の浪人合格者の合計は、平成20年度13人、平成21年度19人、平成22年度は24人、平成23年度は10人、平成24年度は18人、平成25年度は14人、平成26年度は21人となっています。

 九州大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
47 45 48 37 37 29 37 280 40.0
現役 34 26 24 27 19 15 16 161 23.0
浪人 13 19 24 10 18 14 21 119 17.0
現役
占有率
72.3 42.2 50.0 73.0 51.4 51.7 43.2 57.5

浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒53人、平成21年卒50人、平成22年卒は34人、平成23年卒は45人、平成24年卒は33人、平成25年卒は36人となり、若干減少傾向にあります。
 
九州大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
53 50 34 45 33 36 251 41.8
現役 34 26 24 27 19 15 16 161 23.0
浪人 19 24 10 18 14 21 106 17.6

(東北大学・名古屋大学・神戸大学合格者数)
  東北大学・名古屋大学・神戸大学の合格者の合計は、平成22年度は6人、平成23年度は9人、平成24年度は5人、平成25年度は5人、平成26年度は9人となっています。
 
 東北大学・名古屋大学・神戸大学の現役合格者の合計は、平成22年度は4人、平成23年度は1人、平成24年度は2人、平成25年度は1人、平成26年度は4人となっています。

一方、東北大学・名古屋大学・神戸大学の浪人合格者の合計は、平成22年度は2人、平成23年度は8人、平成24年度は3人、平成25年度は4人、平成26年度は5人となっています。
平成23年度、平成26年度が最高となっています。

  
   東北大学・名古屋大学・神戸大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
6 9 5 5 9 34 6.8
現役 4 1 2 1 4 12 2.4
浪人 2 8 3 4 5 22 4.4
現役占有率 66.7 11.1 40.0 20.0 44.4 35.3

浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。
 
  平成22年度は12人、平成23年卒は4人、平成24年卒は6人、平成25年卒は6人となっています。平成22年度が最高の12人のあと、平成23年卒が4人と最低となっています。
   
東北大学・名古屋大学・神戸大学・合格者数(卒業年・現役・浪人別)
卒業年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
12 4 6 6 16 7.0
現役 4 1 2 1 4 7 2.4
浪人 8 3 4 5 11 5.0


(S3大学の合格者数)
S3大学(東北大学・名古屋大学・神戸大学・九州大学)の合格者の合計は、平成22年度は54、平成23年度は46人、平成24年度は42人、平成25年度は34人、平成26年度は46人となっています。

 S3大学(東北大学・名古屋大学・神戸大学・九州大学)の現役合格者の合計は、平成22年度は28人、平成23年度は28人、平成24年度は21人、平成25年度は16人、平成26年度は20人となっています。

一方、S3大学(東北大学・名古屋大学・神戸大学・九州大学)の浪人合格者の合計は、平成22年度は26人、平成23年度は18人、平成24年度は21人、平成25年度は18人、平成26年度は26人となっています。

S3大学(東北大学・名古屋大学・神戸大学・九州大学)(現役・浪人別)
「区分 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
54 46 42 34 46 222 44.4
現役 28 28 21 16 20 113 22.6
浪人 26 18 21 18 26 109 21.8
現役占有率 51.9 60.9 50.0 47.1 43.5 50.9

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。
 
 平成22年度は44平成23年卒は49人、平成24年卒は39人、平成25年卒は42人となっています。平成23年度が最高の49人のあと、平成24年卒が39人と最低となっています。
卒業年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
44 49 39 42 174 43.5
現役 28 28 21 16 20 113 22.6
浪人 18 21 18 26 83 20.8

11.13.21:38

平成26年度鶴丸高校国公立大学合格実績

今回は、鶴丸高校のS2大学の一橋大学、東京工業大学、大阪大学の合格実績について分析してみます。 
 
  (一橋大学合格者数)
一橋大学の合格者の合計は、平成22年度は7人、平成23年度は4人、平成24年度は3人、平成25年度は6人、平成26年度は0人となっています。
 
  一橋大学の現役合格者の合計は、平成22年度は0人、平成23年度は2人、平成24年度は1人、平成25年度は4人、平成26年度は0人となっています。
 
  一方、一橋大学の浪人合格者の合計は、平成22年度は7人、平成23年度は2人、平成24年度は2人、平成25年度は2人、平成26年度は0人となっています。

一橋大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
7 4 3 6 0 20 4.0
現役 0 2 1 4 0 7 1.4
浪人 7 2 2 2 0 13 2.6
現役占有率 0.0 50.0 33.3 66.7 35.0

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。
  
平成22年卒は2人、平成23年卒は4人、平成24年卒は3人、平成25年卒は4人とほぼ一定となっています。

 一橋大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
2 4 3 4 13 3.3
現役 0 2 1 4 0 7 1.4
浪人 2 2 2 0 6 1.5


  
  (東京工業大学合格者数)
東京工業大学の合格者の合計は、平成22年度は2人、平成23年度は4人、平成24年度は7人、平成25年度は5人、平成26年度は3人となっています。
 
 東京工業大学の現役合格者の合計は、平成22年度は1人、平成23年度は0人、平成24年度は1人、平成25年度は1人、平成26年度は0人となっています。
 
  一方、東京工業大学の浪人合格者の合計は、平成22年度は1人、平成23年度は4人、平成24年度は6人、平成25年度は4人、平成26年度は3人となっています。

 東京工業大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
2 4 7 5 3 21 4.2
現役 1 0 1 1 0 3 0.6
浪人 1 4 6 4 3 18 3.6
現役占有率 50.0 0.0 14.3 20.0 0.0 14.3

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。
 
平成22年卒5人、平成23年卒は6人、平成24年卒は5人、平成25年卒は4人となります。
 
  東京工業大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
5 6 5 4 20 5.0
現役 1 0 1 1 0 3 0.6
浪人 4 6 4 3 17 4.3

 
(大阪大学合格者数)

大阪大学の合格者の合計は、平成22年度は15人、平成23年度は14人、平成24年度は4人、平成25年度は14人、平成26年度は12人となっています。
 
 大阪大学の現役合格者の合計は、平成22年度は8人、平成23年度は6人、平成24年度は2人、平成25年度は8人、平成26年度は7人となっています。
 
  一方、大阪大学の浪人合格者の合計は、平成22年度は7人、平成23年度は8人、平成24年度は2人、平成25年度は6人、平成26年度は5人となっています。

 大阪大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
15 14 4 14 12 59 11.8
現役 8 6 2 8 7 31 6.2
浪人 7 8 2 6 5 28 5.6
現役占有率 53.3 42.9 50.0 57.1 52.5

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。
  
平成22年卒は16人、平成23年卒は8人、平成24年卒は8人、平成25年卒は13人となっています。

 大阪大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
16 8 8 13 45 11.3
現役 8 6 2 8 7 31 6.2
浪人 8 2 6 5 21 5.3

(S2大学 一橋大学・東京工業大学・大阪大学合格者数)

一橋大学・東京工業大学・大阪大学合格者数の合計は、平成22年度は24人、平成23年度は22人、平成24年度は14人、平成25年度は25人、平成26年度は15人となっています。
 
 S2大学 一橋大学・東京工業大学・大阪大学の現役合格者の合計は、平成22年度は9人、平成23年度は8人、平成24年度は4人、平成25年度は13人、平成26年度は7人となっています。
 
  一方、S2大学 一橋大学・東京工業大学・大阪大学の浪人合格者の合計は、平成22年度は15人、平成23年度は14人、平成24年度は10人、平成25年度は12人、平成26年度は8人となっています。

 S2大学 一橋大学・東京工業大学・大阪大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
24 22 14 25 15 100 20.0
現役 9 8 4 13 7 41 8.2
浪人 15 14 10 12 8 59 11.8
現役占有率 37.5 36.4 28.6 52.0 46.7 41.0

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。
  
平成22年卒は23人、平成23年卒は18人、平成24年卒は16人、平成25年卒は21人となっています。

 S2大学 一橋大学・東京工業大学・大阪大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
23 18 16 21 78 19.5
現役 9 8 4 13 7 41 8.2
浪人 14 10 12 8 44 11.0

11.12.11:20

平成26年度鶴丸高校国公立大学合格実績

前回、平成15年度以降の鶴丸高校の国公立大学の合格実績を分析してきましたが、特に平成24年度の難関大学(S3大学以上)合格実績が現役、浪人生とも落ち込んでいることがわかりました。
 
国公立大学の合格者数の現役・浪人の区分は、今まで東大、京大、九大、国公立大医学部など一部大学について週刊誌で掲載されていましたが、平成22年度から鶴丸高校のホームページで全大学について現役と浪人の区分が掲載され、実態がわかってきました。

(東京大学合格者数)
東京大学の合格者の合計は、平成20年度22人、平成21年度14人、平成22年度は15人、平成23年度は25人、平成24年度は12人、平成25年度は10人、平成26年度は13人となっており、若干減少傾向にあります。

東京大学の現役合格者の合計は、平成20年度8人、平成21年度7人、平成22年度は5人、平成23年度は8人、平成24年度は5人、平成25年度は3人、平成26年度は4人となっており、同じく若干減少傾向にあります。

一方、東京大学の浪人合格者の合計は、平成20年度14人、平成21年度7人、平成22年度は10人、平成23年度は17人、平成24年度は7人、平成25年度は7人、平成26年度は9人となっています。

東京大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
22 14 15 25 12 10 13 111 15.9
現役 8 7 5 8 5 3 4 40 5.7
浪人 14 7 10 17 7 7 9 71 10.2
現役
占有率
36.4 50.0 33.3 32.0 41.7 30.0 30.8 36.0

浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒15人、平成21年卒17人、平成22年卒は22人、平成23年卒は15人、平成24年卒は12人、平成25年卒は12人となり、若干減少傾向にあります。
したがって、平成23年卒が必ずしも合格者数が少ないとは言えません。

 
東京大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
15 17 22 15 12 12 111 15.9
現役 8 7 5 8 5 3 4 40 5.7
浪人 7 10 17 7 7 9 71 10.2

 
 (京都大学合格者数)
京都大学の合格者の合計は、平成20年度6人、平成21年度4人、平成22年度は4人、平成23年度は6人、平成24年度は7人、平成25年度は6人、平成26年度は7人となっており、ほぼ一定となっています。

京都大学の現役合格者の合計は、平成20年度1人、平成21年度2人、平成22年度は1人、平成23年度は3人、平成24年度は1人、平成25年度は2人、平成26年度は2人となっており、同じくほぼ一定となっています。

一方、京都大学の浪人合格者の合計は、平成20年度5人、平成21年度2人、平成22年度は3人、平成23年度は3人、平成24年度は6人、平成25年度は4人、平成26年度は5人となっています。
 
京都大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 比率
6 4 4 6 7 6 7 40 5.7
現役 1 2 1 3 1 2 2 12 1.7
浪人 5 2 3 3 6 4 5 28 4.0
現役
占有率
16,7 50.0 25.0 50.0 14.3 33.3 28.6 30.0

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒3人、平成21年卒5人、平成22年卒は4人、平成23年卒は9人、平成24年卒は5人、平成25年卒は7人となり、平成23年卒が9人と最高となっています。
 
京都大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
3 5 4 9 5 7 35 5.8
現役 1 2 1 3 1 2 2 12 1.7
浪人 2 3 3 6 4 5 23 3.8


(国公立大学医学部)
国公立大学医学部の合格者数は、平成20年度22人、平成21年度24人、平成22年度は32人、平成23年度は31人、平成24年度は16人、平成25年度は37人、平成26年度は28人となっています。

 国公立大学医学部の現役合格者の合計は、平成20年度8人、平成21年度12人、平成22年度は9人、平成23年度は8人、平成24年度は5人、平成25年度は14人、平成26年度は12人となっています。平成24年度が最低となっています。

一方、国公立大学医学部の浪人合格者の合計は、平成20年度14人、平成21年度12人、平成22年度は9人、平成23年度は8人、平成24年度は5人、平成25年度は14人、平成26年度は12人となっています。 
  
国公立大学医学部合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 比率
22 24 32 31 16 37 28 190 27.1
現役 8 12 9 8 5 14 12 68 9.7
浪人 14 12 23 23 11 23 16 122 17.4
現役
占有率
36.4 50.0 28.1 25.8 31.3 37.8 42.9 35.8

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒20人、平成21年卒35人、平成22年卒は32人、平成23年卒は19人、平成24年卒は28人、平成25年卒は30人となり、平成23年卒が19人と最小となっています。

国公立大学医学部合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
20 35 32 19 28 30 164 27.3
現役 8 12 9 8 5 14 12 68 9.7
浪人 12 23 23 11 23 16 108 18.0

東京大学、京都大学、国公立大学医学部の合格者数の合計は、平成20年度50人、平成21年度42人、平成22年度は51人、平成23年度は62人、平成24年度は35人、平成25年度は53人、平成26年度は48人となっています。
 
東京大学、京都大学、国公立大学医学部の現役合格者数の合計は、平成20年度13人、平成21年度21人、平成22年度は15人、平成23年度は19人、平成24年度は11人、平成25年度は19人、平成26年度は18人となっています。

東京大学、京都大学、国公立大学医学部の浪人合格者数の合計は、平成20年度37人、平成21年度21人、平成22年度は36人、平成23年度は43人、平成24年度は24人、平成25年度は34人、平成26年度は30人となっています。

S3大学(東京大学・京都大学・国公立大学)合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 比率
50 42 51 62 35 53 48 341 48.7
現役 13 21 15 19 11 19 18 116 16.6
浪人 37 21 36 43 24 34 30 225 32.1
現役占有率 26.0 50.0 29.4 30.6 31.4 35.8 37.5 33.7

浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒34人、平成21年卒57人、平成22年卒は58人、平成23年卒は43人、平成24年卒は45人、平成25年卒は49人となっています。
平成20年卒が34人と最小でしたが、平成21年度57人まで増加し、平成22年卒も58人と維持しましたが、平成23年卒は43人と前年に比較して15人大幅に減少しています。その後、平成24年卒45人、25年卒49人と若干回復傾向にあります。

したがって、平成23年卒は、平成20年卒に次いで合格者数が少なくなっています。

S3大学(東京大学・京都大学・国公立大学)合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 比率
34 57 58 43 45 49 286 47.7
現役 13 21 15 19 11 19 18 116 16.6
浪人 21 36 43 24 34 30 170 28.3

11.08.22:04

平成26年度鶴丸高校大学合格実績   

平成20年度以降の鶴丸高校の国公立大学合格実績の現役、浪人別に区分してみました。
s3大学以上の合格者数を見ると、現役が合格者に占める割合(現役占有率)は、39.8%~43.1%となっています。つまり、現役と浪人の比率は各年度とも概ね4:6となっています。

S1大学(東大・京大・医学部医学科)の合格者数を見ると、現役・浪人を含んだ合格者数は35人~62人と幅があり、平成24年度が最低で、特に医学部医学科が16人と少なくなっています。
S1大学の合格者数のうち現役合格者数は11人~21人と幅があり、平成24年度が最低の11人となっています。また、現役が占める割合(現役占有率)は、26.0%~50.0%となっています。平成22年度の50.0%を除くと、26.0%~37.5%となります。

九大について見ると、現役占有率は43.2%~73.0%と幅があり、平成26年度が最低となっています。

S3以上の大学について見ると、現役・浪人を合わせた合格者数は90人~129人と大きな差があり、平成24年度が最低となっています。
現役の合格者数は、36人~54人と大きな幅があり、平成24年度が最低となっています。
また、浪人生の合格者数は、55人~77人と幅があり、同じく平成24年度が最低となっています。
つまり、平成24年度のS3以上の大学合格者数が大幅に減少したのは、現役、浪人とも例年に比べて合格者数が減少したためということとなります。
 
 
鶴丸高校の国公立大学現役合格(現役・浪人区分)実績
年度
現役
浪人










s










s


神戸




s


s










2014 13 7 28 48 37 85 0 3 12 15 5 1 3 9 109 234 314
H26 現役 4 2 12 18
(37.5)
16
(43.2)
34 0 0 7 7 2 0 2 4 45  (41.3) 127
浪人 9 5 16 30 21 51 0 3 5 8 3 1 1 5 64 107
2013 10 6 37 53 29 82 6 5 14 25 3 1 1 5 112 248 306
H25 現役 3 2 14 19
(35.8)
15
(51.7)
34 4 1 8 13 1 0 0 1 48  (42.9) 117
浪人 7 4 23 34 14 48 2 4 6 12 2 1 1 4 64 131
2012 12 7 16 35 37
(1)
72
【71】
3 7 4 14 4 1 0 5  91  【90】 221
【220】
310
H24 現役 5 1 5 11
(31.4)
19
(51.4)
30 1 1 2 4 1 1 0 2  36  (39.6) 106
浪人 7 6 11 24 18 42
【41】
2 6 2 10 3 0 0 3 55
54】
115
【114】
2011 25 6 31 62 37
(1)
99
【98】
4 4 14 22 2 4 3 9 130 【129】 257
【256】
311
H23 現役 8 3 8 19
(30.6)
27
(73.0)
46 2 0 6 8 1 0 0 1  55  (42.6) 132
浪人 17 3 23 43 10 53 2 4 8 14 1 4 3 8 75 125
2010 15 4 32 51 48 99 7 2 15 24 1 3 2 6 129  【129】 232
【232】
306
H22 現役 5 1 9 15
(29.4)
24
(50.0)
39 0 1 8 9 1 1 2 4 52  (40.3) 112
浪人 10 3 23 36 24 60 7 1 7 15 0 2 0 2 77 110
2009 14 4 24 42 45
(2)
87
【85】
7 2 12 21 1 3 3 7 115  【113】 244
【242】
310
H21 現役 7 2 12 21
(50.0)
26
(57.8)
47
浪人 7 2 12 21 19 40
【38】
2008 22 6 22 50 47
(3)
97
【94】
7 4 10 21 2 0 2 4 122  【119】 259
【256】
312
H20 現役 8 1 4 13
(26.0)
34
(72.3)
47
浪人 14 5 18 37 13 50
【47】
【 】は、旧帝大医学部医学科重複分を削除した合格者数
(  )は、旧帝大医学部医学科合格者数 
 データ:教育かわら版のデータ、毎日サンデー、鶴丸高校広報誌「鶴信」による。

11.04.19:03

平成26年度鶴丸高校国公立大学合格実績

鶴丸高校は、鹿児島県内公立高校の中で難関国公立大学の進学実績が最も高く、名実ともに県内公立高校トップの進学校となっています。

平成26年度の国公立大学の合格実績は、東大13人、京大7人など難関国公立大学(旧帝大+一橋大+東工大+国公立大学医学部)に104人が合格しています。
卒業生数に占める割合は、33.1%と約3分の1が合格したこととなります。

平成15年度~平成26年度の国公立大学の合格実績について分析してみます。

【卒業生数】
毎年度の卒業生数は、募集定員枠の段階的縮小に伴い減少しています。

平成15年3月、平成16年3月の卒業生の定員枠400人に対して、卒業生数は396人、399人となっています。留年生もいると思いますが、平成15年卒業年次では4人、平成16年卒業年次では1人が退学・転校している可能性があります。

平成17年3月~平成19年3月の卒業生の定員枠360人に対して、卒業生数は360人、357人、351人となっています。留年生もいると思いますが、平成17年卒業年次では0人、平成18年卒業年次では3人、平成19年卒業年次9人が退学・転校している可能性があります。

平成20年3月~平成26年3月の卒業生の定員枠320人に対して、卒業生数は312人、310人、306人、311人、310人、306人、314人となっています。留年生もいると思いますが、平成20年卒業年次では8人、平成21年卒業年次では10人、平成22年卒業年次では14人、平成23年卒業年次では9人、平成24年卒業年次では10人、平成25年卒業年次では14人、平成26年卒業年次では6人が退学・転校している可能性があります。

退学・転校の比率が1%から4%程度まで増加しているように見えます。

鶴丸高校の平成15年度~平成26年度の卒業生数
年度 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
定員 400 400 360 360 360 320 320 320 320 320 320 320
卒業生数 396 399 360 357 351 312 310 306 311 310 306 314
4 1 0 3 9 8 10 14 9 10 14 6


【難関国公立大学(旧帝大+一橋大+東京工業大+国公立大医学部医学科)の合格者数】
平成15年度~平成26年度の難関国公立大学の合格者数を見てみると、平成24年度が難関国公立大学、国公立医学部医学科、国公立大合格者数とも最も少なくなっています。
この最低となった理由については、後日分析したいと思います。

鶴丸高校の過去の実績について整理すると下記のようになります。

今回は、現役・高卒合格者数合計で分析してみました。

【旧帝大+一橋大+東京工業大の合格者数】
旧帝大+一橋大+東京工業大の合格者数は、定員320人となった平成20年3月卒業生以降、90人以上となっていたが、平成24年度以降70人台と大きく減少しています。
 
  【旧帝大+一橋大+東京工業大の合格者数と卒業生に対する割合】
①過去12カ年の合格者数でみると、平成24年度は71人となっており過去最低となっています。また、平成23年度の98人に比較して27人減少しています。
②過去12年間の卒業生数に対する割合は、平成23年度31.5%に対して平成24年度は22.9%と大幅に減少しています。

【旧帝大+一橋大+東京工業大+国公立大医学部医学科の合格者数と卒業生に対する割合】
①最近は各年度とも安定して合格者を出していましたが、平成24年度は激減し、平成15年度以降最低水準となっています。
②旧帝大+一橋大+東京工業大+国公立大学医学部医学科の合格者数は、平成16年度から平成23年度までは、最低でも104人以上をキープし、定員数が減少した中で平成22年度・23年度は120人台まで回復しましたが、平成24年度は86人と3分の2まで減少しました。
③旧帝大+一橋大+東京工業大+国公立大学医学部医学科の合格者数の割合は27.7%(H23 41.2%、H22 41.2%)で約20%減少しており、その割合からみると過去12年間では平成19年度並みの低いレベルとなっています。

【国公立大学医学部医学科の合格者数】
①過去8年間で毎年22人以上が合格していましたが、平成24年度は16人まで激減しています。平成25年度、平成26年度は例年並みに増加しています。
②卒業生数に対する割合は、平成24年度5.2%で過去11年間で最低となっています。
③平成22年度、23年度、24年度は、合格者が30人を越えていますが、これは鹿児島大医学部医学科などの定員枠の増加(地域医療枠)に起因しているものと想定されます。

現役合格や浪人して合格し、卒業生の22.9%が旧帝大+一橋大+東京工業大に、5.2%が国公立大学医学部に合格し、合わせた27.7%の卒業生が難関大学に合格することとなります。

【各大学の合格者数】
東京大は、募集定員枠400人の平成15年度、平成16年度の平均は19.5人対して、募集定員枠360人の平成17年度~平成19年度の平均は19.3人と同等レベルでしたが、募集定員枠の平成20年度以降の平均は15.9人と3人程度低下しています。

京都大は、同じ募集定員の平均は、6.5人、6.3人、5.7人と若干減少傾向です。

九州大は、同じ募集定員の平均は、39.5人、41.7人、40.0人とほぼ同等です。

【その他】

①平成20年度の旧帝大+一橋大+東京工業大の合格者数の卒業生数に対するは、31.7%になっていますが、平成19年度の国公立大学医学部の合格者が増加した一方で、旧帝大+東工大+一橋大の合格者が20名以上減少しており、定員360人の最後の年度の平成19年度卒業生が翌年度各大学に合格したため、平成20年度は例年に比較して浪人の割合が高くなり、浪人生が多く合格した結果、卒業生に対する合格者の割合が高くなったものと推定されます。
③平成17年度も30.3%に達していますが、平成20年度と同様、定員が400人の最後の年度の平成16年度卒業生が翌年度大学に合格して、割合が高くなったものと想定しています。

学校新聞「鶴信」では、平成23年度の国公立大学医学部の合格者数は32人となっていますが、ここではサンデー毎日、週刊朝日の数字31人で整理しています。今後、変更する可能性があります。

鶴丸高校の国公立大学合格実績(平成15年度~平成26年度)
大学名 03
H15
04
H16
平均
H15
~16
05
H17
06
H18
07
H19
平均
H17
~H19
08
H20
09
H21
10
H22
11
H23
12
H24
13
H25
14
H26
平均
H20
~H26
東京大 17 22 19.5 21 21 16 19.3 22 14 15 25 12 10 13 15.9
京都大 11 2 6.5 7 9 3 6.3 6 4 4 6 7 6 7 5.7
一橋大 3 7 5.0 11 5 5 7.0 7 7 7 4 3 6 0 4.9
東工大 2 6 4.0 7 3 1 3.7 4 2 2 4 7 5 3 3.9
北海道大 1 1 1.0 1 0 1 0.7 1 1 0 1 0 0 0 0.4
東北大 0 2 1.0 1 0 2 1.0 0 3 3 4 1 1 1 1.9
名古屋大 3 3 3.0 2 1 1 1.3 2 3 2 3 0 1 3 2.0
大阪大 7 9 8.0 13 4 10 9.0 10 12 15 14 4 14 12 11.6
九州大 36 43 39.5 46 46 33 41.7 47 45 48 37 37 29 37 40.0
小計 80 95 87.5 109 89 72 90.0 99 91 96 98 71 72 76 86.1
国公立大
医学部
27
(4)
6.8
38
(3)
10.6
23
(1)
6.4
32
(0)
9.1
31.0
(1.3)
8.7
22
(3)
7.1
24
(3)
7.7
30
(0)
9.8
31
(1)
10.0
16
(1)
5.2
37
(0)
12.1
28
(0)
8.9
26.9
(1.1)
8.7
122
118
29.6
147
144
40.0
112
111
31.1
104
104
29.6
121.0
119.7
33.6
121
118
37.8
115
112
36.1
126
126
41.2
129
128
41.2
87
86
27.7
109
109
35.6
104
104
33.1
113.0
111.9
36.1
国公立大 336
93.3
288
80.7
250
71.2
291.3
81.8
259
83.0
244
78.7
232
75.8
257
82.6
221
71.3
248
81.0
234
74.5
242.1
78.1
卒業生数 396 399 360 357 351 356.0 312 310 306 311 310 306 314 309.9
 
(  )は、旧帝大医学部医学科合格者数 
 計欄の中段は、旧帝大医学部医学科重複分を削除した合格者数
 計欄の下段は、卒業生数に占める割合(%)
 データ:教育かわら版のデータ、毎日サンデー、鶴丸高校広報誌「鶴信」による。

10.19.17:27

高校受験模試の成績優秀者の進学先

 中学3年9月時点の模試の得点と進学した高校、大学、学部などとの関係はどのようになっているのか関心のあるところです。

 そこで、長男が受験した2007年度第3回全県統一模試(2007.9.2 主催:昴)の成績優秀者145人の進学先について調べてみました。(145人中102人判明)
   
 
 成績優秀者の最低点425点(500点満点 得点率85.0%)は、偏差値で66.1となり、鶴丸高校の10%枠の上位合格ライン(合格率90%以上:A判定)431点と合格ライン(合格率80%以上:B判定の中間の合格率85%程度となります。

 
 したがって、鹿児島市外の中学校の生徒は、鶴丸高校を10%枠で受験している可能性があります。また、高校入試時点では、鶴丸高校の上位層にいた可能性があります。
 

 なお、長男は、388点(偏差値61.7)で、鶴丸高校の学区内枠の合格率は70%でした。

 
 
 
 進学先が判明した成績優秀者の多くが、鶴丸高校、修猷館高校、熊本高校、宮崎西高校など県内トップの公立高校や灘高校、ラ・サール高校、久留米大付設高校、青雲高校など有名私立中高一貫教育校に進学し、東大など旧帝大や国公立大学医学部・薬学部に進学していることがわかります。

 つまり、中学3年時、成績上位層は高校でも学力を維持し、難関国公立大学(医学部医学科含む)に合格している割合が高いようです。


2007年度第3回全県統一模試(2007.9.2 主催:昴)の成績優秀者と進学先
順位 得点 男・女 中学校 高校 大学
入学年度
大学
1 473 宮大付属 宮崎西 2011 熊本大医
2 469 日向学院 宮崎西 2011 東京大文Ⅲ
3 468 水俣第二 熊本 2011 熊本大医
3 468 宮大付属 2011 東京大文Ⅰ
5 465 宮大付属 青雲 2011 慶応大総合政策
6 463 大塚 宮崎西 2011 宮崎大医
7 461 国分南 鶴丸 2012 大阪大中退→東京大
8 460 鹿大付属      
9 459 生目台   2011 長崎大医
9 459 八代第二      
9 459 加納      
12 458 鹿大付属 鶴丸 2011 東京大
12 458 鹿大付属 鶴丸 2012 東京大文Ⅲ
14 457 熊大付属      
15 456 清水 鶴丸 2011 九州大農
16 455 坂元 鶴丸 2011 九州大
17 454 鹿大付属 樟南 2011 九州大工
18 453      
18 453 鶴丸 2011 熊本大
20 452 明和 鶴丸    
20 452 宮大付属 ラ・サール 2011 東京大
20 452 宮崎西 宮崎大宮 2011 慶応大
20 452 加治木 加治木 2012 鹿児島大医
20 452 宮大付属      
25 451 西 都城泉ヶ丘  2013  鹿児島大医 
26 450 宮大付属      
26 450 宮大付属 宮崎西 2011 宮崎大医
26 450 甲南 鶴丸 2012 大阪大法学部 
29 449 松元 鶴丸 2011 東京大
29 449 鹿大付属 鶴丸    
31 448 八代第二      
32 447 東谷山 鶴丸 2011 東京農工大
32 447 鹿大付属 志學館 2012 九州大経済工
32 447 宮大付属   2011 宮崎大医 
35 446 伊敷      
35 446 鹿大付属    2011 宮崎大医 
35 446 第一鹿屋 ラ・サール  2013   慶応大学医
38 445 大宮      
38 445 加納      
38 445 紫原 鶴丸 2011 鹿児島大医
41 444 宮大付属     長崎大医
41 444 甲南 鶴丸 2011 筑波大
41 444 皇徳寺      
44 443 加世田      
45 442 谷山北      
45 442 鹿大付属 鶴丸 2011 大阪大
45 442 宮大付属 宮崎西  2011 早稲田大先進理工 
45 442 宮大付属      
45 442 鹿大付属 樟南 2011 鹿児島大法文
50 441 宮大付属 宮崎西 2011 福岡大薬
50 441 鹿屋東      
50 441 城西 鶴丸   九州大
50 441 帖佐 加治木   志學館大
50 441 宮大付属 宮崎西 2011 大阪大薬
50 441           
56 440 宮大付属   2012 千葉大医
56 440 甲南 豊岡女子学園 2012 東京大理Ⅱ
56 440 三松 宮崎西 2011 鹿児島大医
56 440 桜丘 鶴丸 2011 鹿児島大医 
56 440 大淀 宮崎西 2011 大阪大理
56 440 紫原      
56 440 鹿大付属      
63 439 宮之城 鶴丸 2011 東京大理Ⅰ
63 439 水俣第一 弘学館 2011 宮崎大医
63 439 伊集院北 樟南 2011 長崎大薬
63 439 第一鹿屋      
63 439 宮大付属      
63 439 百道 久留米大付設 2011 九州大医
63 439 大和 大島 2012 鹿児島大医
63 439 鶴城 九州学院 2011 熊本大薬
63 439 出水 熊本 2011 大分大医
63 439 生目台      
63 439 錦ケ丘 熊本  2013 熊本大医 
63 439          
74 438 玉名 濟々黌 2012 宮崎大医
75 437 熊大付属 熊本 2011 九州歯科大
75 437 鹿大付属 鶴丸 2011 鹿児島大医
75 436 帖佐 鶴丸 2011 九州大法
78 435 鶴丸 2011 九州大
79 435 宮大付属 宮崎西 2011 宮崎大医
79 435 武蔵      
79 435 姫城      
82 434 河頭 鶴丸 2012 京都大工
82 434 宮大付属 宮崎西 2011 名古屋大
82 434 修学館 ラ・サール 2011 神戸大医
82 434 宮大付属 宮崎西 2011 慶応大
82 434 生目台 ラ・サール 2011 九州大医
82 434 伊敷台 鶴丸 2011 福岡大医
82 433 松元 鶴丸 2011 九州大学
89 433 坂元      
89 433 皇徳寺 鶴丸 2011 中央大学
89 433 玉名      
89 433 玉名 熊本 2012 東京大文Ⅱ
89 432 皇徳寺 鶴丸    
94 432 鹿大付属      
94 432 鹿大付属      
94 432 熊大付属 熊本  2012 久留米大医 
94 432 吉野東      
98 431 土橋 鶴丸 2013  鹿児島大医 
98 431 谷山 鶴丸 2012 東京大理Ⅰ
98 431 出水 熊本 2011 熊本大
98 431 山川 鶴丸(中退) 2012 鹿児島大法文
98 431 伊敷台 市ヶ尾(神奈川) 2011 明治大
98 431 重富 樟南 2013 鹿児島大医
98 431 北指宿 甲南  2011  奈良女子大 
98 431 皇徳寺 鶴丸 2012 九州大
106 430 坂元 鶴丸 2011 東京理科大
106 430 伊敷台 ラ・サール 2012 早稲田大商
106 430 吉田南 ラ・サール 2012 鹿児島大医
106 430 下山門 修猷館 2011 九州大
106 430 郡山 鶴丸 2011 鹿児島大
106 430 宮大付属   2012 大阪市立大医
112 429 福平 甲南 2012 上智大
112 429 宮崎西 宮崎西 2012 鹿児島大医
112 429 鹿大付属 鶴丸 2011 星薬科大
112 429 鹿大付属      
112 429 百道 久留米付設 2011 東京工業大
112 429 熊大付属 熊本 2011 埼玉医科大
112 429 田崎      
112 429 鹿大付属 鶴丸 2011 九州大芸術工
120 428 真和      
120 428 日向学院   2011  西南学院大 
120 428      
120 428 高取 修猷館 2011 九州大法
120 428 鹿大付属      
120 428 宮大付属 宮崎西 2012 名古屋市立大医
120 428 宮崎西      
120 428 山川 鶴丸 2011 鹿児島大
128 427 末吉   2011 九州大理 
128 427 鹿大付属 鶴丸 2013 防衛医科大 
128 427 城西      
128 427 出水 出水中央 2011 鹿児島大
132 426 緑丘 鶴丸 2012 熊本大
132 426 舞鶴      
132 426 宮大付属 ラ・サール 2011 宮崎大学医
132 426          
132 426 甲東      
138 425 皇徳寺      
138 425 鹿屋 鶴丸 2012 東京大文Ⅲ
138 425 伊敷台 鶴丸 2011 早稲田大
138 425 甲南  2011 鹿児島大 
138 425 桜木      
138 425 伊敷台      
138 425 城西 鶴丸 2012  京都大工 
138 425 鹿大付属 鶴丸 2011 鹿児島大

 

03.10.21:45

2014年度高校別大学合格者数

高校のホームページでは、大学合格者数を実績を発表しています。
樟南高校は、以下のように公表されています。
  
東京大学、京都大学、九州大学
防衛医科大学校医学専攻

熊本大学3名 鹿児島大学17名

03.09.01:01

大学合格発表

3月7日(金)には鹿児島大学、8日(土)は九大、9日(日)は京大、10日(土)は東大と合格発表が行われます。
来週には、公立高校の合格発表が行われます。
皆さんの吉報をお待ちしています。

03.08.07:47

鹿児島大学合格発表

(南日本新聞)
鹿児島大学は7日、前期日程入学試験の合格者1493人(9学部合計)を発表した。朗報を手にした受験生たちは晴れやかな笑顔で家族や友人らと喜びあっていた。合格者数は募集人員より141人多く、受験者数3627人に対する実質倍率は2.43倍だった。
 午前10時、同大郡元キャンパスの本部前に合格者の受験番号が一斉に掲示されると、受験生たちは緊張した表情で確認。番号を見つけると「やった」とガッツポーズしたり、在学生に胴上げされたりして喜びを爆発させた。
 後期試験は12、13日にあり、合格発表は21日。
 
大学生たちに胴上げされ合格を喜ぶ受験生=7日午前10時すぎ、鹿児島市郡元1丁目の鹿児島大学

02.27.00:46

鹿児島県内の国公立大学合格者数

鹿児島県内高校(ラ・サール高校除き)の国公立大学合格実績は、以下のとおりとなっています。
S3以上の難関国公立大学(7旧帝国大学、東京工業大学、一橋大学、神戸大10校、国公立大学医学部医学科等)の県内合格者数は、300人前後となっています。
そのうち2割強程度は、私立高校からの合格者です。(    )は私立高校。

平成19年度   285人(62人  21.8%)
平成20年度   313人(79人  25.2%)
平成21年度   326人(78人  23.9%) 
平成22年度   310人(72人  23.2%)
平成23年度   314人(77人  24.5%)
平成24年度   309人(70人  22.7%)
平成25年度   291人(61人  21.0%)


 

02.19.22:28

鹿児島大学医学部医学科入学状況

鹿児島大学医学部医学科の高校別合格者数は以下のとおりです。
近年は、定員増に伴い鹿児島県内医療を義務付けた県内従事者の特別枠は、鹿児島県内の高等学校出身者が限られるため、県内高校出身者が60%以上を占めています。
なお、平成25年度の甲南高校の実績は実績は一部しかわかっていません。
 
高校名 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
定員 85 85 85 95 105 107 107 107
鶴丸 20 15 16 26 22 14 28
ラ・サール 11 9 17 15 13 21 16
志学館高等部 5 9 8 10 10 6 7
池田学園池田 2 3 3 7 1 4 2
甲南 2 4 3 4 1
小計 38 36 46 62 49 49 54
鹿児島玉龍 1 4
川内 1 2 1 1
加世田 2 1
大島 1 1
樟南 2 1 1
出水中央 2 1
加治木 1 2 1 1
鹿屋 3 3
鹿児島第一 3 2 1 1
鹿児島修学館 1 2 1 1 2
鹿児島中央 1 1 1 1
神村学園高等部 1
甲陵 1
川辺 1 1
出水 1
鳳凰 1
鹿屋中央 1
大口明光学園 1 1
鹿児島実業 1 1 1
れいめい 1 4 1
尚志館 1
伊集院 1 1
徳之島 1
高校認定 1
小計 4 3 15 16 10 13 13
鹿児島県内小計 42
49%
39
46%
61
64%
78
74%
59
55%
62
58%
67
63%
青雲 4 6 7 1 2 1
熊本 2 6 2 3 5
済々黌 2 1
久留米敷設 2 1 5
西南学院 1
筑紫女学園 2 2
明治学園 2 1 1
福岡大附属大濠 1 1 2
修猷館 2 1 3
東筑 2 1
福岡 2 2 2
宮崎第一 1 1
開智 1
栄東 1
市川 2
東邦大附属東邦 1
桐朋 1
渋谷教育学園幕張 1
明善 2 2

静岡
1
1
高槻 1
茨木 1
洛南 1
大阪教育大池田 1
四天王寺 1
大阪桐蔭 1
清風南海 1
東大寺学園 1
AICI 1
高知学芸 1
小倉
2
弘学館
1
東明館
1
1
1
大分上野丘
2
1
3
大分東明
1
真和
1
宮崎西
4
1
2
2
4
宮崎大宮
2
2
都城泉ヶ丘
1
長崎日大大学
1
昭和薬科大附属
1
1
東海
1
修道
1
広島学院
1
広島大学附属福山
1
ノートルダム清心
1
智弁和歌山
1
愛光
1
1
高田
1
松山東
1
浜松西 1
小計 23 11 23 36 36 32
不明 23 23 4 12 9 8
合計 85 85 85 95 105 107 107 107

02.13.20:10

平成26年度東大入試第一次選抜合格者数

2012・2014年度の鹿児島県内高校の東大入試について掲載します。
東大入試では、学科別に二次試験の受験者数を2.5倍から4倍の倍率に絞るために、センター試験の得点で第一次選抜が実施されます。

この第一次選抜の合格者を鹿児島県内のセンター試験会場14会場について集計すると下表のとおりとなります。
試験コードの上2ケタの11は国立大学の試験会場、上1ケタの3は私立大学の試験会場を示しています。

したがって、上4ケタの1197は鹿児島大学、1198は鹿屋体育大を示しています。
 
 センター試験を鹿児島大学・志学館大学で受験した者は、91人(2012年度 130人)が東大の第一次選抜に合格し、鹿児島国際大学、第一工業大学、鹿児島純心女子大学で受験した者は、7人(20人)が合格しており、合計で98人(150人)が合格したこととなります。
このほか、ラ・サール高校などの浪人生は他県にある実家の試験会場で受験している者がいるものと想定されます。

県内の会場から1次選抜の合格者数は、150人から98人に減少しています。

この理由は、2012年度のセンター試験の平均点は、2014年度に比較して5教科7科目の平均点は理系で21点程度低かったことや東大受験を敬遠したことが挙げられます。
 
平成24年度東大入試
試験実施大学 試験場名 志願者数 番号
鹿児島大学 鹿児島大学法文学部試験場 600
鹿児島大学教育センター試験場 250
鹿児島大学教育学部試験場 585
鹿児島大学理工系試験場 1290
鹿児島大学農学部試験場 730
鹿児島大学水産学部試験場 300
鹿児島大学医学部試験場 560
鹿児島大学歯学部試験場 250
志学館大学試験場 400
県立大島高等学校試験場 341
5306  
鹿屋体育大学 鹿屋体育大学試験場 540
鹿児島国際大学 鹿児島国際大学試験場 679
第一工業大学 第一工業大学試験場 465
鹿児島純心女子大学 鹿児島純心女子大学試験場 416



2012年度東大入試第一次選抜合格者数(鹿児島県内会場)
試験コード 文Ⅰ 文Ⅱ 文Ⅲ 小計 理Ⅰ 理Ⅱ 理三 小計 合計
119701 1   2 3         3
119702           1   1 1
119703 2 2 3 7 2 1   3 10
119704                  
119705 1     1 3 1   4 5
119706                  
119707 6 2 7 15 12 6 2 20 35
119708         6 6   12 12
119709 9 9 8 26 16 9 13 38 64
119710                  
小計 19 13 20 52 39 24 15 78 130
119801                  
                   
397001 1     1 1 1 2 4 5
397401   1 1 2 4 1   5 7
397801 1 2   3 3 2   5 8
小計 2 3 1 6 8 4 2 14 20
合計 21 16 21 58 47 28 17 92 150

2014年度東大入試第一次選抜合格者数(鹿児島県内会場)
試験コード 文Ⅰ 文Ⅱ 文Ⅲ 小計 理Ⅰ 理Ⅱ 理三 小計 合計
119701 1   1         1
119702            
119703  
119704 1    4 2 2 2  6 10
119705 6 19 14 8 7 29 48
119706   2  3 4 1    5 8
119707 2 1 8 11 6 5 11 22
119708          
119709 1 1 1
119710  1             1
小計 12 9 18 39 27 16 9 52 91
119801                  
                   
397001     1 1 1
397401   1 1 1 3   4 5
397801   1   1 1
小計 0 1 0 1 2 4 0 6 7
合計 12 10 18 40 29 28 9 58 98