忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
12 2018/01 1 2 3 4 5 67 8 10 11 12 13 15 16 17 18 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 02
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/19 受験生の母]
[01/16 NONAME]
[01/14 受験生の母]
[01/10 NONAME]
[01/03 Fighters ]
[01/02 Fighters ]
[12/31 Fighters ]
[12/31 Fighters ]
[12/30 Fighters ]
[12/30 Fighters]
[12/29 角田あや]
[12/26 Shinka]
[12/25 Shinka]
[12/24 Shinka]
[12/22 内申点22]
[11/27 匿名希望]
[11/14 NONAME]
[11/12 女子受験生]
[10/21 NONAME]
[10/18 あ]
[09/30 NONAME]
[09/27 Shinka]
[09/26 Shinka]
[09/24 Shinka]
[08/11 NONAME]

05.19.19:35

平成20年度鹿児島県公立高校入試分析4

今回は、各科目ごとの得点別分布状況について分析してみます。
学力を識別するためには、平均点を対称軸とした山型の得点分布状況になっているのが望ましいです。

それでは、各教科ごとに見てみましょう。

国語
①平成20年度は、平均値が上がったことに伴い、成績上位層が71点~80点に集まった。一方で、81点(得点率90%)以上の者はそうれほど増加していない。
②したがって、平成19年度と比較して成績上位層の識別値が悪くなっている。
③識別値を高めるため、平均点を下げるととともに、難易度の高い問題を若干減らして81点~90点層は2%程度にする必要がある。

区 分

平均点

0~10

11~20

21~30

31~40

41~50

51~60

61~70

71~80

81~90

平成20年度

54.2

0.3

1.5

5.0

11.4

17.6

25.9

26.5

11.3

0.5

平成19年度

47.7

0.9

4.2

10.4

17.2

22.1

22.5

15.0

6.8

0.8

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら