忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
05 2019/06 3 5 6 7 9 10 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 07
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(06/13)
(06/12)
(06/11)
(06/08)
(06/04)
(06/02)
(06/01)
(05/31)
(05/30)
(05/29)
(05/26)
(05/25)
(05/24)
(05/23)
(05/22)
(05/18)
(04/18)
(04/01)
[06/13 NONAME]
[06/13 NONAME]
[06/13 NONAME]
[06/13 NONAME]
[06/12 NONAME]
[06/11 NONAME]
[06/10 NONAME]
[06/06 NONAME]
[06/04 NONAME]
[05/30 NONAME]
[05/22 NONAME]
[05/22 NONAME]
[05/22 NONAME]
[05/21 NONAME]
[05/20 NONAME]
[05/20 NONAME]
[05/19 NONAME]
[05/16 勝実]
[04/14 竜くん]
[04/06 内緒さん]
[04/02 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/15 姶良郡の人]
[03/11 NONAME]
[02/24 竜くん]

11.12.11:20

平成26年度鶴丸高校国公立大学合格実績

前回、平成15年度以降の鶴丸高校の国公立大学の合格実績を分析してきましたが、特に平成24年度の難関大学(S3大学以上)合格実績が現役、浪人生とも落ち込んでいることがわかりました。
 
国公立大学の合格者数の現役・浪人の区分は、今まで東大、京大、九大、国公立大医学部など一部大学について週刊誌で掲載されていましたが、平成22年度から鶴丸高校のホームページで全大学について現役と浪人の区分が掲載され、実態がわかってきました。

(東京大学合格者数)
東京大学の合格者の合計は、平成20年度22人、平成21年度14人、平成22年度は15人、平成23年度は25人、平成24年度は12人、平成25年度は10人、平成26年度は13人となっており、若干減少傾向にあります。

東京大学の現役合格者の合計は、平成20年度8人、平成21年度7人、平成22年度は5人、平成23年度は8人、平成24年度は5人、平成25年度は3人、平成26年度は4人となっており、同じく若干減少傾向にあります。

一方、東京大学の浪人合格者の合計は、平成20年度14人、平成21年度7人、平成22年度は10人、平成23年度は17人、平成24年度は7人、平成25年度は7人、平成26年度は9人となっています。

東京大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 平均
22 14 15 25 12 10 13 111 15.9
現役 8 7 5 8 5 3 4 40 5.7
浪人 14 7 10 17 7 7 9 71 10.2
現役
占有率
36.4 50.0 33.3 32.0 41.7 30.0 30.8 36.0

浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒15人、平成21年卒17人、平成22年卒は22人、平成23年卒は15人、平成24年卒は12人、平成25年卒は12人となり、若干減少傾向にあります。
したがって、平成23年卒が必ずしも合格者数が少ないとは言えません。

 
東京大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
15 17 22 15 12 12 111 15.9
現役 8 7 5 8 5 3 4 40 5.7
浪人 7 10 17 7 7 9 71 10.2

 
 (京都大学合格者数)
京都大学の合格者の合計は、平成20年度6人、平成21年度4人、平成22年度は4人、平成23年度は6人、平成24年度は7人、平成25年度は6人、平成26年度は7人となっており、ほぼ一定となっています。

京都大学の現役合格者の合計は、平成20年度1人、平成21年度2人、平成22年度は1人、平成23年度は3人、平成24年度は1人、平成25年度は2人、平成26年度は2人となっており、同じくほぼ一定となっています。

一方、京都大学の浪人合格者の合計は、平成20年度5人、平成21年度2人、平成22年度は3人、平成23年度は3人、平成24年度は6人、平成25年度は4人、平成26年度は5人となっています。
 
京都大学合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 比率
6 4 4 6 7 6 7 40 5.7
現役 1 2 1 3 1 2 2 12 1.7
浪人 5 2 3 3 6 4 5 28 4.0
現役
占有率
16,7 50.0 25.0 50.0 14.3 33.3 28.6 30.0

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒3人、平成21年卒5人、平成22年卒は4人、平成23年卒は9人、平成24年卒は5人、平成25年卒は7人となり、平成23年卒が9人と最高となっています。
 
京都大学合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
3 5 4 9 5 7 35 5.8
現役 1 2 1 3 1 2 2 12 1.7
浪人 2 3 3 6 4 5 23 3.8


(国公立大学医学部)
国公立大学医学部の合格者数は、平成20年度22人、平成21年度24人、平成22年度は32人、平成23年度は31人、平成24年度は16人、平成25年度は37人、平成26年度は28人となっています。

 国公立大学医学部の現役合格者の合計は、平成20年度8人、平成21年度12人、平成22年度は9人、平成23年度は8人、平成24年度は5人、平成25年度は14人、平成26年度は12人となっています。平成24年度が最低となっています。

一方、国公立大学医学部の浪人合格者の合計は、平成20年度14人、平成21年度12人、平成22年度は9人、平成23年度は8人、平成24年度は5人、平成25年度は14人、平成26年度は12人となっています。 
  
国公立大学医学部合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 比率
22 24 32 31 16 37 28 190 27.1
現役 8 12 9 8 5 14 12 68 9.7
浪人 14 12 23 23 11 23 16 122 17.4
現役
占有率
36.4 50.0 28.1 25.8 31.3 37.8 42.9 35.8

 浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒20人、平成21年卒35人、平成22年卒は32人、平成23年卒は19人、平成24年卒は28人、平成25年卒は30人となり、平成23年卒が19人と最小となっています。

国公立大学医学部合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
卒業年 H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 平均
20 35 32 19 28 30 164 27.3
現役 8 12 9 8 5 14 12 68 9.7
浪人 12 23 23 11 23 16 108 18.0

東京大学、京都大学、国公立大学医学部の合格者数の合計は、平成20年度50人、平成21年度42人、平成22年度は51人、平成23年度は62人、平成24年度は35人、平成25年度は53人、平成26年度は48人となっています。
 
東京大学、京都大学、国公立大学医学部の現役合格者数の合計は、平成20年度13人、平成21年度21人、平成22年度は15人、平成23年度は19人、平成24年度は11人、平成25年度は19人、平成26年度は18人となっています。

東京大学、京都大学、国公立大学医学部の浪人合格者数の合計は、平成20年度37人、平成21年度21人、平成22年度は36人、平成23年度は43人、平成24年度は24人、平成25年度は34人、平成26年度は30人となっています。

S3大学(東京大学・京都大学・国公立大学)合格者数(現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 比率
50 42 51 62 35 53 48 341 48.7
現役 13 21 15 19 11 19 18 116 16.6
浪人 37 21 36 43 24 34 30 225 32.1
現役占有率 26.0 50.0 29.4 30.6 31.4 35.8 37.5 33.7

浪人合格者を全て一浪生と仮定すると(実際には二浪生も存在します。)、卒業年度別の合格者を整理すると以下のようになります。

平成20年卒34人、平成21年卒57人、平成22年卒は58人、平成23年卒は43人、平成24年卒は45人、平成25年卒は49人となっています。
平成20年卒が34人と最小でしたが、平成21年度57人まで増加し、平成22年卒も58人と維持しましたが、平成23年卒は43人と前年に比較して15人大幅に減少しています。その後、平成24年卒45人、25年卒49人と若干回復傾向にあります。

したがって、平成23年卒は、平成20年卒に次いで合格者数が少なくなっています。

S3大学(東京大学・京都大学・国公立大学)合格者数(卒業年別、現役・浪人別)
区分 H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 比率
34 57 58 43 45 49 286 47.7
現役 13 21 15 19 11 19 18 116 16.6
浪人 21 36 43 24 34 30 170 28.3
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら