忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(09/23)
(09/23)
(09/21)
(09/20)
(09/14)
(09/07)
(09/05)
(08/23)
(08/08)
(06/11)
(05/28)
(05/23)
(05/21)
(05/17)
(05/16)
(05/07)
(05/06)
(05/05)
[09/30 NONAME]
[09/27 Shinka]
[09/26 Shinka]
[09/24 Shinka]
[08/11 NONAME]
[08/05 NONAME]
[07/31 Fighters]
[07/22 Fighters]
[07/16 NONAME]
[07/02 NONAME]
[06/24 NONAME]
[06/20 NONAME]
[06/17 NONAME]
[06/14 Fighters]
[06/12 NONAME]
[06/10 A]
[05/16 匿名希望]
[05/12 匿名]
[05/10 あさりの母]
[05/09 Fighters]
[04/21 高校生はは]
[04/20 高校生はは]
[04/11 Fighters]
[04/09 Fighters]
[04/08 Fighters]

06.03.22:31

平成23年度鹿児島県高校入試状況

平成23年度鹿児島県公立高校入試問題について掲載しています。
今回は国語についてです。
国語の問題と正答率について平成19年度~平成23年度の5ヶ年分を整理すると以下の表のようになります。
平成23年度は、問題の形式自体は変わりませんでしたが、問題の編成が若干異なりました。

今回は、設問ごとの得点率と配点割合により、得点分布状況との関係を見てみます。

(設問数)
平成19年度から平成21年度の3ヶ年の設問の数は28になっていましたが、平成22年度は31と増加しました。平成23年度は、また問題数が28に戻りました。

(正答率と配点)
平成19年度の得点分布は、正規分布に近い理想的なものとなっていることから、平成19年度との比較を行うと下記のようになります。

①平成20年度~平成23年度は、90%以上の正答率の設問があるが、ほとんど学力の識別を図ることができないため、90%以上の正答率の設問は難易度を上げる必要がある。

②平成21年度は、80%~90%の正答率の設問の配点割合が21点と高くなっており、この正答率の問題を3分の1程度にする必要があったが、平成22年度は9点に低下した。
平成23年度は、14点に増加した。
この層の問題の割合が高かったため、平成20年度に比較して平均点が下がったものの、0点~40点層の得点分布が増加しなかった要因と考えられる。

③一方、受験者の立場からすると、正答率の低い問題について、受験対策を講じる必要がある。
 得点率の低い設問は、文脈、内容の理解など読解力に関するものが総じて多い。

正答率
設問数
  平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
90%以上    2  1
80%以上~90%未満  3  4  8
70%以上~80%未満  3  4  2
60%以上~70%未満  9  7  2
50%以上~60%未満  3  4  6
40%以上~50%未満  4  1  4
30%以上~40%未満  3  3  4
20%以上~30%未満    1  1
10%以上~20%未満    2  
10%未満          
28 28 28 31 28

 
正答率
配点
  平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
90%以上     5   3 5 
80%以上~90%未満   7  12  21 9  14
70%以上~80%未満   8  12   4 4  11
60%以上~70%未満  24  24  12 19  20
50%以上~60%未満  15  16  17 27 
40%以上~50%未満  15   2  12 15  16
30%以上~40%未満   8   7  16 5 
20%以上~30%未満 1 3   4   5 0 
10%以上~20%未満        6 
10%未満          
90 90 90  90 90


 項目(平成19年度入試問題) 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
  配点 正答率 配点 正答率 配点 正答率 配点 正答率 配点 正答率
1 聞き取り問題 68.8 79.1 73.4 72.0 79.9
 ①主題の理解(聞くこと) 84.0 93.0 87.1 83.8  80.2
 ②内容の理解(聞くこと) 77.5 89.9 82.8 94.2  71.6
 ③(聞くこと) 54.6 64.1 59.6 49.4  85.9
                     
2 説明的な文章 24 46.2 24 59.5 24 53.1 24 47.3 32  53.8
 ①接続語(言語事項) 66.7 58.0  67.4 49.6  88.3
 ②内容の理解(読むこと) 31.3 95.5  86.0 42.1  79.7
 ③助詞の用法(言語事項) 61.6 79.7  86.4 56.8  84.3
 ④内容の理解(読むこと) 63.6 67.6  30.1 48.8  61.7
 ⑤内容の理解(読むこと) 21.7 12.6  51.4 54.0  27.5
 ⑥主題の理解(読むこと) 47.3 62.8  22.3 32.3  36.0
⑦構成や展開の理解(読むこと)             51.7  46.4
                     
3 文学的な文章 20 51.0 20 60.5 20  54.1 20 63.0 20  52.4
 ①副詞の用法(言語事項) 89.1 79.4  87.5 82.9  68.0
 ②心情の理解(読むこと) 46.5 79.2  54.0 62.3  62.6
 ③文脈の理解(読むこと) 60.4 26.7  43.7 87.3  65.5
 ④理由の説明(読むこと) 26.1 89.6  37.1 69.5  25.9
 ⑤心情の理解(読むこと) 48.3 15.3  80.8 67.2  40.8
      80.5  45.1 10.2  70.8
              68.3    
                     
4 古典の文章 14 53.6 14 59.6 14  61.5 14 54.1 17  52.3
 ①歴史的仮名遣い(言語事項) 71.1 88.1  87.8 87.2  94.4
 ②空所補充(読むこと) 40.6 56.3  77.5 57.3  60.8
 ③指示内容の理解(読むこと) 54.5 34.7  43.1 64.2  56.7
 ④文脈の理解(読むこと) 74.1 65.4  93.1 68.8  66.3
 ⑤ 1 文脈の理解(読むこと) 64.0 61.2  30.4 40.1  15.2
    2 文脈の理解(読むこと) 22.4         17.8  2 44.4 
                     
5 言語事項 14  57.6 14 54.9 14  56.7 14 66.3 12 78.1 
 ①(1)漢字の書き取り(言語事項) 57.6 57.0  73.2 58.1 54.6
   (2)漢字の書き取り(言語事項) 64.0 39.8  54.7 76.5 76.1
     (3)漢字の書き取り(言語事項) 63.0 65.8  51.6 61.5 86.2
     (4)漢字の書き取り(言語事項) 61.3 45.2  86.9 52.1 97.8
   (5)漢字の書き取り(言語事項) 30.2 66.2  31.0 75.9 90.2
   (6)漢字の書き取り(言語事項) 83.2 74.1  53.5 93.3 63.9
 ②   書写(言語事項) 69.0 35.3  45.8 46.8    
                     
6 文章表現 51.9 52.5  62.0 55.0    
 作文 51.9 52.5  62.0 55.0    
                     
  90   90   90   90      
入試問題の項目は、平成20年度、平成21年度、平成22年度は、若干異なる。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら