忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
01 2018/02 2 5 6 7 9 1011 12 13 15 19 21 22 23 25 26 27 28 03
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[02/24 NONAME]
[02/19 NONAME]
[02/18 NONAME]
[02/17 NONAME]
[02/16 NONAME]
[02/14 NONAME]
[02/09 NONAME]
[02/03 Shinka]
[02/03 中3ママ]
[02/03 中3ママ]
[02/03 Shinka]
[02/02 Shinka]
[01/20 中3ママ]
[01/20 中3ママ]
[01/19 受験生の母]
[01/19 中3ママ]
[01/16 NONAME]
[01/14 受験生の母]
[01/10 NONAME]
[01/03 Fighters ]
[01/02 Fighters ]
[12/31 Fighters ]
[12/31 Fighters ]
[12/30 Fighters ]
[12/30 Fighters]

05.27.22:10

鹿児島県公立高校入試制度分析11

推薦入学者選抜はどのような資料で行われるのでしょうか。
各県の比較は以下のとおりです。

区分

鹿児島県

福岡県

長崎県

佐賀県

大分県

宮崎県

推薦枠  原則として30%以内
普通科
原則として10%以内
推薦枠は設けていない。
高校により決定
 普通科
5~30%
専門学科・コース
総合学科
10~50%
文化・スポーツ推薦入学5名以内
 普通科
15~30%以内
普通科専門コース
理数科
40~60%以内
推薦入試A
50%~100%
推薦入試B
10%~30%
普通科10%以内

 10~50%の範囲とする。
学力検査

×

 ×

 ×

 ×

×

 ×

適性検査

×

×

 △

 △

志願理由書

 ○

 ○

 ○

 ○

 ○

推薦書

 ○

 ○

 ○

 ○

調査書

     ○
内申点は、中三のみの9教科5段階評定をもとに点数化される。5教科は2倍、実技4教科は20倍され、計450点満点。中一・中二の評定は内申点には含まれないが、内申書に記入され合否判定の参考資料になる。

     ○
内申点は、中三の成績のみ(9教科5段階で評定され45点満点)だが、中一・中二の評定や観点別学習状況も内申書に記入され、合否判定の際、重要な資料となる。

      ○ 
内申書には、9教科の成績が中一・中二・中三ともに5段階評定(評定合計135点満点)で記入される。ただし、中三では、一・二学期(二学期制では12月末まで)の学習状況が記入される。

       ○ 
内申点は、中一・中二・中三の成績が9教科5段階で評定され、各学年とも45点満点で、合計135点満点。




             ○
 内申点は、中一・中二の成績は9教科5段階でそれぞれ45点満点、中三の成績は5段階評価したものを各教科ごとに2倍して90点満点、さらに実技4教科を3倍した120点を足した210点満点で、合計300点満点。


    ○
内申書には、中一・中二と中三の12月末日までの成績が9教科5段階で評定され記入される。




設定(成績)一覧表

 ○

 ○



 ○

 

  ○

設定分布表

×

 ×

 ×

 

×

 

 ×

面接

 ○

 ○

 ○

 ○

  ○

作文(小論文)

×

△ 

 △

△ 

 △

実技

×

 △

 △

 △

 △

注)熊本県には、推薦入試制度はないが、前期選抜試験がある。
募集定員の10%以上50%以内。ただし、コースを除く普通科については、募集定員のの10%以上20%以内とする。
募集定員は、各高校の学科・コースによって異なる。
志願理由および自己アピール書、調査書などの書類と面接などの検査結果を資料として、総合的に判断をおこなう。検査については、面接、小論文、実技検査、学校独自検査の中から選抜方法を定める(複数の組合せも可)。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら