忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
10 2017/11 2 3 45 6 7 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(11/08)
(11/01)
(09/23)
(09/23)
(09/21)
(09/20)
(09/14)
(09/07)
(09/05)
(08/23)
(08/08)
(06/11)
(05/28)
(05/23)
(05/21)
(05/17)
(05/16)
(05/07)
[11/14 NONAME]
[11/12 女子受験生]
[10/21 NONAME]
[10/18 あ]
[09/30 NONAME]
[09/27 Shinka]
[09/26 Shinka]
[09/24 Shinka]
[08/11 NONAME]
[08/05 NONAME]
[07/31 Fighters]
[07/22 Fighters]
[07/16 NONAME]
[07/02 NONAME]
[06/24 NONAME]
[06/20 NONAME]
[06/17 NONAME]
[06/14 Fighters]
[06/12 NONAME]
[06/10 A]
[05/16 匿名希望]
[05/12 匿名]
[05/10 あさりの母]
[05/09 Fighters]
[04/21 高校生はは]

09.23.22:44

平成30年度鶴丸高校希望者数

鶴丸高校の受験データを整理すると以下の表のとおりとなります。

ピンク色が最高値、水色が最低値を示しています。

(希望者数 7月調査)
平成20年度、学区外希望者数と学区外・学区内合計の希望者数が最も多くなっています。
平成25年度、学区内希望者数が最も多くなっています。
平成21年度、希望者数が多かった平成20年度の反動で、学区内希望者数と学区外・学区内合計が最低となっています。
平成29年度、学区外希望者数が最低となっています。
平成30年度、希望者数、学区内希望者数が最低となっています。

(推薦出願数)
平成20年度、学区外、学区内、合計とも、推薦出願数が最高となっています。
平成27年度、学区外の推薦出願数が最低となっています。
平成26年度、学区外の推薦出願数が最低となっています。
平成25年度、学区外・学区内の推薦出願数が最低となっています。

(推薦合格者数)
平成19年度、平成20年度、平成23年度が、定員320人の10%の32人が合格しています。
平成26年度、平成28年度が、定員数10%の32人より5人少ない27人が合格しています。
平成29年度が、定員数10%の32人より7人少ない最低の25人が合格しています。
平成21年度以降は、推薦出願者の学力が学区内の学力に比較して、低いとの分析から合格基準を挙げたか、推薦出願者の学力が一部低下しているのではないかと考えられます。

(当初出願者数)
平成20年度、学区外、学区内、合計とも、推薦出願数が最高となっています。
平成27年度、学区外、学区内、合計とも、推薦出願数が最低となっています。

(希望者数の出願者数の割合)
平成20年度が、85.8%と最高となっています。
平成20年度が最高となったのは、7月時点の希望者数が多かったこともありますが、希望者数の出願者数の割合が85.8%と高く、出願変更しなかった割合が高かったことが大きいと考えられます。
平成27年度が、66.8%と最低となっています。

(最終出願者数)
平成24年度、学区外は出願数が最高となっています。
平成25年度、学区内、学区外・学区内の合計は出願数が最高となっています。
平成21年度、学区外、学区内、合計とも、出願数が最低となっています。

(受験者数)
平成24年度、学区外は出願数が最高となっています。
平成25年度、学区内、学区外・学区内の合計は出願数が最高となっています。
平成21年度、学区外、学区内、合計とも、出願数が最低となっています。

(受験倍率)
平成25年度、1.41倍と最高となっています。
平成21年度、1.15倍と最低となっています。平成20年度の倍率が高かったためです。

PR

無題

いつも詳細なデータを有難うございます。平成30年度の鶴丸高校希望者数が平成18年度以降では最低になっていますが、その理由はどの様に分析されますか?

  • 2017年09月24日日
  • Shinka
  • 編集
Re:無題
コメントありがとうございます。
平成21年度は、平成20年度の高い競争倍率を敬遠して、451人となっています。
平成30年度の鶴丸高校の学区内の希望者数は449人と最近では最低となりました。
平成29年度も、462人と少ない年でした。
この希望者数の減少の理由はいくつか考えられます。
①成績上位層は、鶴丸希望の変化はない。
②成績中位層・下位層は、甲南の進学指導を評価し、甲南にシフトしている。
③中学卒業生数が、平成21年度から県全体で16%減少し、希望者数も減少している。
④親御さん、生徒等が安全志向となっている。
これらが複合的に絡んでいるものと思います。
今後ともよろしくお願いします。

2017/09/25 22:27

無題

分かりやすい分析を有難うございます。
希望者数減少の理由として、成績上位層の医歯薬系大学希望者の私学専願というのは考えにくいでしょうか?

  • 2017年09月26日火
  • Shinka
  • 編集
Re:無題
コメントありがとうございます。
私立高校の医歯薬系大学の合格者数は、若干増えているようでが、医歯薬学部の志望者は志学館高等部以外は専願は少ないと思います。
私立高校希望者が増加しているのは確かですが、現時点では公立高校の医歯薬学部の合格者数は大きくは減少していません。
今後ともよろしくお願いします。
2017/09/26 22:23

無題

丁寧に返答いただき有難うございます。
来春の受験に向けて息子を頑張らせます。今後とも情報提供を宜しくお願いします。

  • 2017年09月27日水
  • Shinka
  • 編集
Re:無題
コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
2017/09/27 10:10
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら