忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
10 2017/11 2 3 45 6 7 9 10 1112 13 14 15 16 17 19 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(11/18)
(11/08)
(11/01)
(09/23)
(09/23)
(09/21)
(09/20)
(09/14)
(09/07)
(09/05)
(08/23)
(08/08)
(06/11)
(05/28)
(05/23)
(05/21)
(05/17)
(05/16)
[11/14 NONAME]
[11/12 女子受験生]
[10/21 NONAME]
[10/18 あ]
[09/30 NONAME]
[09/27 Shinka]
[09/26 Shinka]
[09/24 Shinka]
[08/11 NONAME]
[08/05 NONAME]
[07/31 Fighters]
[07/22 Fighters]
[07/16 NONAME]
[07/02 NONAME]
[06/24 NONAME]
[06/20 NONAME]
[06/17 NONAME]
[06/14 Fighters]
[06/12 NONAME]
[06/10 A]
[05/16 匿名希望]
[05/12 匿名]
[05/10 あさりの母]
[05/09 Fighters]
[04/21 高校生はは]

05.09.22:00

平成24年度鶴丸高校大学合格実績

お陰様で、本ブログも5月9日で4周年を迎えました。
今後も情報提供よろしくお願いします。


鹿児島県内の私立高校の大学合格実績について掲載してきました。
現在までに掲載されていない私立高校については後日掲載したいと思います。

ゴールデンウィーク後に、高校ホームページで平成24年度の鶴丸高校の国公立大学の合格実績が掲載されました。
鶴丸高校は、鹿児島県内公立高校の中で難関国公立大学の進学実績が最も高く、名実ともに県内公立高校トップの進学校となっています。

平成24年度の合格実績をみると、平成15年以降で東大合格者数、旧帝大+一橋大+東京工業大の合格者数、国公立大学の合格者数とも最低となっているなど合格実績としては物足りない感じがあります。

鶴丸高校の過去の実績について整理すると下記のようになります。

今回は、現役・高卒合格者数合計で分析してみました。

【旧帝大+一橋大+東京工業大の合格者数と卒業生に対する割合】
①過去10カ年の合格者数でみると、平成24年度は71人となっており過去最低となっています。また、昨年の98人に比較して17人減少しています。
②過去10年間の卒業生数に対する割合は、平成23年度31.5%に対して平成24年度は22.9%と大幅に減少しています。

【旧帝大+一橋大+東京工業大+国公立大医学部医学科の合格者数と卒業生に対する割合】
①最近は各年度とも安定して合格者を出していたが、平成24年度は激減し、平成15年度以降最低水準となっています。
②旧帝大+一橋大+東京工業大+国公立大学医学部医学科の合格者数は、平成16年度から平成23年度までは、最低でも104人以上をキープし、定員数が減少した中で平成22年度・23年度は120人台まで回復しましたが、平成24年度は86人と3分の2まで減少しました。
③旧帝大+一橋大+東京工業大+国公立大学医学部医学科の合格者数の割合は27.7%(H23 41.2%、H22 41.2%)で約20%減少しており、その割合からみると過去10年間では平成19年度並みの低いレベルとなっています。

【国公立大学医学部医学科の合格者数】
①過去8年間で毎年22人以上が合格していましたが、平成24年度は16人まで激減している。
②卒業生に対する割合は、平成24年度5.2%で過去9年間で最低となっています。
③平成22年度、23年度は、合格者が30人を越えていますが、これは鹿児島大医学部医学科などの定員枠の増加に起因しているものと想定されます。

現役合格や浪人して合格し、卒業生の22.9%が旧帝大+一橋大+東京工業大に、5.2%が国公立大学医学部に合格し、合わせた27.7%の卒業生が難関大学に合格することとなります。

【その他】
①平成20年度の旧帝大+一橋大+東京工業大の合格者数の卒業生数に対するは、31.7%になっていますが、平成19年度の国公立大学医学部の合格者が増加した一方で、旧帝大+東工大+一橋大の合格者が20名以上減少しており、定員360人の最後の年度の平成19年度卒業生が翌年度各大学に合格したため、平成20年度は例年に比較して浪人の割合が高くなり、浪人生が多く合格した結果、卒業生に対する合格者の割合が高くなったものと推定されます。
③平成17年度も30.3%に達していますが、平成20年度と同様、定員が400人の最後の年度の平成16年度卒業生が翌年度大学に合格して、割合が高くなったものと想定しています。

学校新聞「鶴信」では、平成23年度の国公立大学医学部の合格者数は32人となっていますが、ここではサンデー毎日、週刊朝日の数字31人で整理しています。今後、変更する可能性があります。

鶴丸高校の国公立大学合格実績(平成16年度~平成23年度)
大学名
2003
H15

2004
H16

2005
H17

2006
H18

2007
H19

2008
H20

2009
H21

平均
H15~21

2010
H22
2011
H23
2012
H24
東京大 17

22

 21

 21

16

22

14

19.0

15 25 12
京都大 11

2

  7

  9

 3

 6

4

 6.0

4 6 7
一橋大 3

7

 11

  5

 5

 7

7

 6.4

7 4 3
東京工業大 2

6

   7

  3

 1

 4

2

 3.6

2 4 7
北海道大 1

1

   1

  0

1

 1

1

  0.9

0 1 0
東北大学 0

2

   1

  0

2

0

3

 1.1

3 4 1
名古屋大 3

3

   2

  1

1

2

3

 2.1

2 3 0
大阪大 7

9

  13

  4

10

10

12

  9.3

15 14 4
九州大 36

43

  46

 46

33

47

45

 42.3

48 37 37

小 計

80
『20.2』

95
『23.8』

109
『30.3』

 89
『24.9』

72
『20.5』

99
『31.7』

91
『29.4』

90.7

96
『31.4』
98
『31.5』
71
『22.9』
国公立大
医学部

27
(4)
『6.8』

38
(3)
『10.6』

23
(1)
『6.4』

32

『9.1』

22
(3)
『7.1』

24
(3)
『7.7』
注28.2 30
(0)
『9.8』
31
(1)
『10.0』
16
(1)
『5.2』

122
【118】
『29.6』

147
【144】
『40.0』

112
【111】
『31.1』

104
【104】
『29.6』

121
【118】
『37.8』

115
【112】
『36.1』
注121.0 126
【126】
『41.2』
129
【128】
『41.2』
87
【86】
『27.7』
国公立大  336
『93.3』
   288
『80.7』
   250
『71.2』
  259
『83.0』
244
『78.7』
  232
『75.8』
257
『82.6』
221
『71.3』
卒業生数 396 399  360   357   351   312  310   306 311 310
 ※ 平成15年度~平成21年度の7ヶ年の平均
 注 平成16年度~平成21年度の6ヶ年の平均

【 】は、旧帝大医学部医学科重複分を削除した合格者数
(  )は、旧帝大医学部医学科合格者数 
データ:教育かわら版のデータ、毎日サンデー、鶴丸高校広報誌「鶴信」による。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら