忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(08/08)
(06/11)
(05/28)
(05/23)
(05/21)
(05/17)
(05/16)
(05/07)
(05/06)
(05/05)
(05/04)
(05/03)
(05/02)
(05/01)
(04/23)
(04/18)
(04/16)
(04/14)
[08/11 NONAME]
[08/05 NONAME]
[07/31 Fighters]
[07/22 Fighters]
[07/16 NONAME]
[07/02 NONAME]
[06/24 NONAME]
[06/20 NONAME]
[06/17 NONAME]
[06/14 Fighters]
[06/12 NONAME]
[06/10 A]
[05/16 匿名希望]
[05/12 匿名]
[05/10 あさりの母]
[05/09 Fighters]
[04/21 高校生はは]
[04/20 高校生はは]
[04/11 Fighters]
[04/09 Fighters]
[04/08 Fighters]
[04/01 NONAME]
[03/29 パパ]
[03/28 匿名希望]
[03/22 NONAME]

04.19.19:00

鶴丸高校の大学合格実績(その1)

平成21年度の鶴丸高校の合格実績は高校ホームページで公表されていませんが、東京大、京都大、国公立大医学部、九州大の実績と現役合格について掲載します。

東京大の合格者は14人で、2000年の13人についで少数となりましが、この減少の要因は浪人生の合格者が7人と少なかったことが要因となっています。
浪人生が減少した理由は、センター試験の平均点の低下により東京大から志望校を変更したり、定員が320人となった年の浪人生で減少したことが要因と考えられます。

一方、医学部は定員枠の拡大にともなって、現役の合格者が4人から12人と大幅に増加しています。

昨年に比較して、東京大以外は大きな変化はありませんが、S1大学の現役占有率が26%から50%に増加する一方で、九州大の現役占有率が72%から58%に減少しています。

評価としては、昨年に比較して定員360人時と320人時の浪人生の減少が大きくその差が東大の減少と旧帝大と医学部、一橋大、東京工業大の合計が118人から112人と6人減少につながった要因のひとつと考えられ、一方で定員枠の増加はあるものの医学部の現役合格が増加していることから現状維持と評価したい。


鶴丸高校の国公立大学合格実績
 
区分
 


S1大学    S2    S3    A1   

 































2009 310 14
(7)

(2)
24
(12)
42
(21)
50%
 7 2  12   21  3 45
(26)
医2
58%
51
(1) 
医1
115
【112】 
- 
2008 312 22
(8)

(1)
22
(4)
50
(13)
26%
10 21  - 47
(34)
医3
72%
49 121
【118】
259
2007 351 16 32
(10)
 51   5  1  10  16   2  33  36  1 104 250
2006 357 21 23 53  5  3  4  12    1   46  47   111 288
2005 360 21
医1
38 66  11  7  13  31  1   2 46
医2
49  1 147
【144】
336
2004 399 22 27   51   7     9  22  43 48  1 122 - 
(   )は現役合格者数
【  】は旧帝大医学部医学科重複分差引分
旧帝大医学部医学科は国公立大学医学部にカウント済み
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら