忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
05 2018/06 23 4 6 8 910 11 12 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 07
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(06/13)
(06/07)
(06/05)
(06/01)
(05/29)
(05/28)
(05/26)
(05/23)
(05/22)
(05/21)
(05/20)
(04/22)
(04/20)
(04/19)
(04/18)
(04/14)
(04/14)
(04/13)
[04/20 NONAME]
[03/25 NONAME]
[03/24 NONAME]
[03/22 ぷ]
[03/21 NONAME]
[03/17 匿名さん]
[03/16 Shinka]
[03/14 NONAME]
[03/13 NONAME]
[03/12 Ana]
[03/12 NONAME]
[03/12 NONAME]
[03/12 NONAME]
[03/12 あさりの母]
[03/11 ありだい]
[03/11 あさりの母]
[03/11 通りすがり]
[03/09 Fighters ]
[03/09 ぷ]
[03/08 NONAME]
[03/08 Shinka]
[03/08 ぷ]
[03/06 NONAME]
[03/02 NONAME]
[03/02 豆腐さん]

06.01.17:40

鹿児島県の高校生

5月17日(土)に午後10時からのにっぽんの現場:24時間営業スーパーを御覧になったでしょうか?
鹿児島県阿久根市にあるスーパーA-Zで買い物する人間模様が興味を引きました。
番組の終盤、ゴルフ用品でクラブを見ている2二人の女子高生。
その一人、花田佳奈子さんは、高校では園芸を勉強したが、それに適した職は無く、福岡県のゴルフ場に就職することになった。親戚や友人が集まって就職を祝う会が催された。両親が離婚後、妹や弟の母親代わりをしてきた。その弟妹のためにもお金が必要かなと思って今の仕事を選んだという。祖父が贈る言葉を述べる。仕事で忙しい父親の代りに祖父がいろいろと面倒をみてきたという。
そして、出発の準備のために、お店に買い物。

彼女のことが気になり、インターネットで調べてみました。
そうするとある高校の学校便りに辿りつきました。

その高校とは、串木野市にある鶴翔高校。その学校便り「
潮風」に彼女の1年生の時の豊富が掲載されていました。彼女は、鶴翔高校の1期生(平成17年4月入学)。1期生だよりに書いてありました。

草花で幸せな暮らしを実現します。
花田佳奈子(大川中学校出身)
私は,園芸工学コースを選びました。草花が好きですから,3年次になったら,園芸工学コースの中で,『草花』を専攻して専門の勉強をするつもりです。
だれでも同じことだと思いますが,自分の好きなものだと,一生続けていけます。私は,花が好きですから,『草花』専攻にする決心をしています。
2年次・3年次の2年間で,花のことをいろいろと学んで,幸せに暮らしていけるようにしたい,と思っています。

結局、彼女は、高校の学科とは異なる職業に就職することとなった。キャディーの仕事は、お客さんとのコミュニケーションが大切。決して、高校生活の経験は無駄にはならないでしょう。頑張って欲しいものです。
ゴルフ場でガーデニングができるともっといいですね。

鹿児島県は、高校再編で魅力ある職業高校の設置を進めています。できうれば、高校での勉学が役立てるよう鹿児島県や地元で就職できる環境も整備してほしいものです。



PR

無題

人にはそれぞれ合った道があるのですよね。以前、鹿児島の高校は大学合格実績を競うあまり、本人の希望は無視して
大学を受けさせるきらいがありました。学部よりまず大学名ありきだったのです。
その結果、大学に入り目的を無くし、鹿児島の高校出身者は留年が多いというレッテルを貼られました。
今では、どうなっているかわかりませんが、こんな変な進路指導はあってはならない事です。


  • 2008年06月01日日
  • NONAME
  • 編集
Re:無題
コメントありがとうございます。
現在でも、高校によっては現役の国立大学進学率を売りにして、志望大学を変更する指導が行われる場合があるようです。
高校の評価は、受験生の満足度に置かれるべきだと考えます。
今後も、コメントよろしくお願いします。
2008/06/01 21:15
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら