忍者ブログ

高校教育に関わるいろんな情報交換を行っていきましょう。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(08/08)
(06/11)
(05/28)
(05/23)
(05/21)
(05/17)
(05/16)
(05/07)
(05/06)
(05/05)
(05/04)
(05/03)
(05/02)
(05/01)
(04/23)
(04/18)
(04/16)
(04/14)
[08/11 NONAME]
[08/05 NONAME]
[07/31 Fighters]
[07/22 Fighters]
[07/16 NONAME]
[07/02 NONAME]
[06/24 NONAME]
[06/20 NONAME]
[06/17 NONAME]
[06/14 Fighters]
[06/12 NONAME]
[06/10 A]
[05/16 匿名希望]
[05/12 匿名]
[05/10 あさりの母]
[05/09 Fighters]
[04/21 高校生はは]
[04/20 高校生はは]
[04/11 Fighters]
[04/09 Fighters]
[04/08 Fighters]
[04/01 NONAME]
[03/29 パパ]
[03/28 匿名希望]
[03/22 NONAME]

06.05.06:24

平成22年度鹿児島県公立高校入試状況

本日、午前9時25からNHK教育テレビで、「テストの花道」の再放送があります。

偏差値37から早稲田大学へ、E判定から東京大学へ受験生にとって勇気が沸きます。これらの学生は、自分なりに自分にあった勉強方法を発見しています。
是非、見てください。

平成22年度鹿児島県公立高校入試問題について掲載しています。
引き続き、数学についてです。
数学の問題と正答率について平成19年度~平成22年度の4ヶ年分を整理すると以下の表のようになります。
今回は、設問ごとの正答率と配点割合により、得点分布状況との関係を見てみます。

平成19年度から平成22年度の4ヶ年の設問の数は26になっています。

平成20年度の得点分布は、得点上位層が多い状況となっており、平成21年度は若干難化させ、平均点を下げるように入試問題を作成されたと想定されます。
平成22年度は、さらに平均点が低下しています。

①90%以上の正答率の設問があるが、ほとんど学力の識別を図ることができないため、90%以上の正答率の設問は難易度を上げる必要がある。

②80%以上の正答率の設問の配点割合は、平成19年度24点、平成20年度18点、平成19年度12点と減少傾向にあり、平均点を下げようとする意志があったと思われるが、その結果、40点以下の得点分布が大きくなった。
平成22年度は、80%以上の正答率の配点が17点に増えた。

③平成21年度は、正答率60%~70%の設問の配点が18点と高いため、60点台の得点の分布割合が大きいと思われるので、この正答率層の設問を若干難化させる必要がある。
平成22年度の20%未満の得点の配点が32点と高くなっており、高得点層が大幅に減少することとなり、学力上位層の識別が悪くなっている。
得点率10%未満の配点が16点と多くなっており、この設問については若干易化させる必要がある。

④一方、受験者の立場からすると、正答率の低い問題について、受験対策を講じる必要がある。
 大問3~5の最後の設問の正答率は、10%以下のものが多く、大問5の最後の設問は正答率1.2%以下と非常に難しい問題であるので、これ以外の問題で確実に得点することが必要です。

正答率
設問数
平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度
90%以上
80%以上~90%未満
70%以上~80%未満 1 
60%以上~70%未満
50%以上~60%未満
40%以上~50%未満
30%以上~40%未満
20%以上~30%未満
10%以上~20%未満
10%未満 3  2  3 
26 26 26 26

 
正答率
配点
平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度
90%以上  9 15  6 12
80%以上~90%未満 15  3  6
70%以上~80%未満   3  16   9
60%以上~70%未満  16  14  18 13
50%以上~60%未満   4   8   6
40%以上~50%未満  15   6  15 15
30%以上~40%未満   8   8  10
20%以上~30%未満   4  8  4
10%以上~20%未満    4  4 16
10%未満 12  8  12  16
90 90 90 90


 項目(平成19年度入試問題) 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度
配点 正答率 配点 正答率 配点 正答率 配点 正答率
1 基本的な計算・知識 27 78.0 27 77.0  27 72.9  27 78.3
 ①-1 整数の四則計算 98.0 98.0 97.1  97.0
 ①-2 分数計算 88.4 90.9  91.7 92.2
 ①-3 文字式の計算 92.0 91.7 87.9 88.6
 ①-4 単項式の乗除 86.6 88.2  81.3 91.3
 ①-5 平方根を含む式の計算 90.7 62.9 3   73.0 92.0
 ② 割合の計算  44.8  73.7  43.7 68.7
 ③ 正の数・負の数 69.5 77.9 68.8 68.0
 ④ 確率 63.2 65.1  59.5 62.5
 ⑤ 立体図面の展開図 69.1 45.0 3   53.0 44.6
                 
2 数学的な見方や考え方 18 59.1 18 66.0 18  57.7 18 50.8
 ① 反比例の式、グラフ 66.1 91.3  4 69.0  58.4
 ② 連立方程式の応用 80.4 48.4  4  67.2 41.0
 ③ 三角形の作図   45.4 4  71.9  4  67.3 68.2
 ④-1 相似の三角形 86.5 54.4  3  36.7 89.1
 ④-2 回転体の体積 30.8 65.9  3  38.1 16.6
                 
3 数量関係とその応用 15 42.4 15 31.0  15 35.8 15 31.8
 ①二乗に比例する式のグラフ 80.7 73.7  3  73.3 79.0
 ②関数の変域 49.5 29.9  4  49.2 45.9
 ③-1 直線の方程式  42.9 26.1  4  27.0 11.5
 ③-2 二次方程式の応用   6.1  4  5.0  4  2.9 2.7
                 
4 数と式とその応用 15 35.1 15 61.2 15  30.6 15 29.0
 ①倍数の性質 77.4 94.0 71.4 79.5
 ②数の規則性 57.6 54.7 40.5 46.2
 ③-1 文字を使った表現 13.6 68.4 7.2  2.2
 ③-2 数の規則性の応用 2.3 36.0 13.6 0.9
                   
5 図形とその応用  15 28.5  15 28.4 15  33.6 15 19.4
 ①平行線と錯角、弧と円周角  61.2 14 70.9  65.7 58.6
 ②三角形の合同の証明 23.2 32.8  43.1 14.9
 ③-1 二等辺三角形の性質 37.7 19.5  32.3 14.0
 ③-2 三角形の面積 0.1 1.0  1.2 0.1
                 
  90   90   90   90  
入試問題の項目は、平成20年度、平成21年度、平成22年度とは異なる。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら